日考塾

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

日考塾

日本を考える塾。

 

日考塾へようこそ。

 

このサイトでは、様々なコンテンツを通じて、多彩な知識を得ることが出来るようにしています。

 

 

社会人になったら知らないといけない日本のこと

 

社会人になって日本のことを知らない日本人が多くなっています。
それは、学校の義務教育の課程で日本史の授業で教わることは教わりますが、一つ一つの意味に触れることなく、また理解が曖昧なまま卒業することが多いためです。
社会人になって海外に行く経験をした人が、海外に行って日本のことを知らずに恥をかくこと、ひいてはビジネスなどの場面で外国人から信用されなくなることがあります。これは、外国人にとってその日本人が日本人としての価値観を持たないとみなされることによってうわべだけの人だと思われてしまうからです。
ここでは、社会人になって知らないといけない日本のことを紹介しています。

 

天皇

 

日本の象徴である天皇とはそもそも何なのか、また様々な時代において存在していた天皇やそこで培われた先例を紹介しています。

 

記事を読む

 

日本の歴史

 

日本史を習ったときに暗記して年号や人物は覚えたけど、今となってはよく覚えていないという方に通史として日本の歴史を紹介しています。

 

記事を読む

 

 

 

その国の歴史がわからなければ憲法はわからない

 

日本という国の未来を考える上で、日本の憲法を知る必要があります。
ここでいう憲法とは、日本国憲法のことではありません。
憲法とは、その国の歴史、伝統、文化そのものであり、その上で大切な部分を条文化したものを憲法典といいます。
ここでは、日本の歴史において貫かれて存在してきた憲法を紹介しています。

 

憲法

 

そもそも憲法とは何かという憲法の意味について紹介しています。

 

記事を読む

 

日本の憲法

 

日本には長い歴史がありますが、それは中心になるものが存在して現在までに至っています。ここでは歴史を貫いて存在する憲法、その時々の時代に存在していた憲法を通史で紹介しています。

 

記事を読む

 

 

 

日本の憲法典を知る

 

憲法とは、その国の歴史、伝統、文化そのものですが、その中で大切な部分を条文化したものが憲法典です。
そして日本には、日本の歴史、伝統、文化に即した憲法典とそうでない憲法典の二つがありました。
また、憲法典の制定と共に皇室の不文法も成文化されました。
ここでは、日本の憲法典と皇室典範を紹介しています。

 

日本の憲法典

 

日本には二つの憲法典がありました。その二つの憲法典について紹介しています。

 

記事を読む

 

皇室法

 

日本は、憲法典の制定と共にそれまで不文法として運用されてきた皇室の家法が成文化されました。
ここでは、成文化された皇室の家法について紹介しています。

 

記事を読む

 

 

 

日本を知る上で読んでおいた方が良い本

 

日本の歴史や憲法についてより深めていくためには日々本を読んで知識を入れていく必要があります。
自分自身の知識になったものは、さらに考えていくための材料にもなります。
ここでは、日本を知る上で読んでおいた方が良い本を紹介しています。

 

歴史に関する書籍

 

歴史に関する書籍を紹介しています。

 

記事を読む

 

憲法に関する書籍

 

憲法に関する書籍を紹介しています。

 

記事を読む

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る