日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

シラスとは何か

 結論から言えば、シラスとは、統治になります。

 

 天壌無窮の神勅において「皇孫(すめみま)就(ゆ)きて治(しら)せ」という文言があります。これは、天皇の系統が統治していくいう意味になります。
 これが表題にあるシラスということですが、シラスとは「知らす」あるいは「治らす」、「統らす」ということであり、知らせを聞いた人達が共有し協力し合うことで国を治めていくという日本にしかない言葉になります。

 

 ここで統治とは、支配するという意味ではありません。
古事記において国譲りの神話があります。素戔嗚尊(スサノオノミコト)の子孫の大国主神は、天孫降臨の前に葦原中国(あしはらのなかつくに)つまり日本を支配していました。それを天照大神の子孫に国を譲り渡すという内容になります。以下が古事記の原文と読み下し文になります。

 

「天照大御神、高木神之命以、問使之。汝之宇志波祁流葦原中國者、我御子之所知國言依賜。故汝心奈何。」
読み下し
「天照大御神、高木神の命以ちて、問いに使わせり。汝が宇志波祁流(うしはける)葦原中国は、我(あ)が御子の知らさむ国と言依(ことよ)さし賜いき。故、汝が心は奈何(いかに)。」

 

 宇志波祁流(うしはける)と難しい漢字を使用していますが、これは大国主神が葦原中国を支配していたと表す、ウシハクというこれもまた日本にしかない言葉になります。大国主神の若い頃の名前は大穴牟遲神(オオナムチノミコト)で、数々の試練を乗り越え最後には、その名が示すとおり大いなる国の主(ぬし)になりました。その大国主神がウシハクつまり支配する国ということになります。

 

 ウシハクの語源は、ウシは主人、ハクは身に着けるという意味であり、主人が身に着けるということで、物や家畜のような意味になります。それに対しシラスの語源は、知らすであり、知らせを聞いた人達が共有し協力し合うことで国を治めていくものになります。

 

 つまり天皇がシラスとは、天皇と民の君民共治ということになります。この原則は神話の代から今日までほとんど変わることがない日本の原則となっています。君民共治を表すエピソードが日本書紀にある仁徳天皇の“民のかまど”の話になります。

 

 ここまでまとめると、シラスとは、統治という意味になりますが、天皇と民の君民共治ということになります。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献