日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

天孫降臨に際しての神勅

 天孫降臨とは、天照大神の孫つまり皇孫である邇邇芸命が高天原から、葦原中国つまり日本を治めるために天降ることになります。天孫降臨に至る際に天照大神は邇邇芸命に神勅を下しています。以下は古事記に出てくるものになります。

 

「この豊葦原水穂國(とよあしはらのみずほのくに)は、汝(いまし)知らさむ國ぞと言依さしたまう」

 

 これは天照大神の系統が日本を治める立場にいることを示すものになります。「知らさむ」とは、別のページで説明している「シラス」という言葉と同じものであり、「言依さしたまう」とは御委任で、邇邇芸命そしてその系統に対して意味するものになります。

 

 天孫降臨に際して、邇邇芸命を始め天児屋命(アメノコヤネノミコト)、布刀玉命(フトダマノミコト)、天宇受売命(アメノウズメノミコト)、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)、玉祖命(タマノオヤノミコト)が共に天降ることになります。この五人の神は、当時の有力氏族の祖神にあたり、天児屋命は中臣連(なかとみのむらじ)、布刀玉命は忌部首(いむべのおびと)、天宇受売命は猿女君(さるめのきみ)、伊斯許理度売命は作鏡連(かがみつくりのむらじ)、玉祖命は玉祖連(たまのおやのむらじ)になります。そして天照大神の神勅として以下を述べます。

 

「これの鏡は、専(もは)ら我が御魂として、吾が前を拜(いつ)くが如(ごと)拜き奉れ」

 

 鏡とは、伊斯許理度売命が、岩戸隠れにおいて八咫鏡(やたのかがみ)を作った三種の神器の一つになります。また三種の神器の一つである八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は、玉祖命が、岩戸隠れの際に作りました。最後の天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は、須佐之男命(スサノオノミコト)が八岐大蛇(やまたのおろち)退治の際に、その尾から出てきたものを天照大神に献上したものになります。三種の神器とは、天皇が即位したときに承継するものであり、皇位の御守りであり、になります。また神勅の意味としては、八咫鏡を天照大神の御魂として、拝むように祀りなさいというものになります。思金神(オモイカネノカミ)、手力男神(タヂカラオノカミ)、天石門別神(アマノイワトワケノカミ)を副え、以下の神勅も述べています。

 

「次に思金神は、前の事を取り持ちて、政(まつりごと)せよ」

 

 つまり実際の政である政治は、思金神など別の者が行うことを述べており、これこそ天皇が権威として存在する意味になります。権力については奈良時代においては太政大臣など、平安時代に入れば藤原氏による摂関政治、武家が台頭すると征夷大将軍が幕府を開きます。明治時代から現在まで内閣や内閣総理大臣が政治を行うことになるため、大きな流れで見てもこの神勅に沿っているものになります。

 

 古事記や日本書紀には、日本の歴史、伝統、文化の基礎が入っています。またこの天孫降臨についても邇邇芸命と一緒についてくる神々も有力な氏族の祖神になっています。統治者としてまた権威としての天皇、実際に政治を行う氏族がいたこと、これこそが日本の歴史、伝統、文化になるわけです。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献