日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

女系天皇の先例はない

 女系天皇の先例は、天智天皇元正天皇である。これを女系天皇の先例と言う人がいます。しかし、実際には女系天皇であると同時に男系天皇になるため、女系天皇の先例には該当しません。

 

 まず天智天皇の父親は、第34代舒明天皇になります。そして母親は、先帝である第37代斉明天皇になります。斉明天皇の父親は茅渟王(ちぬのおおきみ)という人で、その父親は、押坂彦大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ)です。では押坂彦大兄皇子の父親は誰かといえば、第30代敏達天皇になります。

 

 続いて元正天皇の父親は、草壁皇子になり、その父親は、第40代天武天皇になります。そして母親は、先帝である第43代元明天皇になります。元明天皇の父親は、第40代天智天皇になります。

 

 つまり天智天皇と元正天皇は、女系天皇の先例ではなく、女系天皇であると同時に男系天皇という先例であり、むしろ女系天皇であったとしても男系天皇でなければならないという先例になります。そのため女系天皇の先例はありません。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献