日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

国体変更が出来るのは誰か

 まず国体変更が出来るのは、天皇になります。それも個人としての天皇ではなく、歴史、伝統、文化を体現する存在としての天皇にのみ出来ます。帝国憲法においては、制定者である伊藤博文を始め、主要学者である穂積八束や上杉慎吉の学派、天皇機関説問題で争った立憲学派の美濃部達吉、京大学派の佐々木惣一、最後の枢密院議長であった清水澄のすべてが、一致して言っていることです。そして国体変更が出来ることについては、帝国憲法に記載がされています。それは、主権ではなく統治権の所在が天皇にあるためです。

 

帝国憲法
第一条 大日本帝国は万世一系の天皇之を統治す

 

 その根拠は「国家統治の大権は朕か祖宗に承けて之を子孫に伝ふる所なり」という上諭にあります。祖宗とは、歴代天皇になります。

 

第四条 天皇は国の元首にして統治権を総攬し此の憲法の条規に依り之を行ふ

 

 第4条に、統治権を総攬し、憲法に従って行うとあります。これは国家におけるすべての統治の源泉となります。そして歴史的に見ても統治権を委任することは出来ます。しかし統治権の総攬を委任することは出来ません。統治権の総攬が委任できないのは、「国家統治の大権」は「祖宗に承け」、そして「子孫に伝」えるとあるように、歴史、伝統、文化を体現する存在としての天皇のみとなるためです。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献