日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

改新の詔

一 罷昔在天皇等所立子代之民処々屯倉及臣連伴造国造村首所有部曲之民処々田荘。
読み下し
 其の一に曰く、昔在(むかし)の天皇等の立て給へる子代(こしろ)の民・処々の屯倉(みやけ)及び別に臣連、伴造、国造、村首(むらのおびと)の有(たも)てる部曲(かきべ)の民、処々の田庄(たところ)を罷めよ。仍(よ)りて食封(じきふ)を大夫以上に賜ふこと、各差有り、降りては布帛(ぬのきぬ)を以て官人(つかさびと)、百姓(おおみたから)に賜ふこと差有り。又曰く、大夫は民を治(まつりご)たしむる所なり。能く其の治(まつりごと)を尽すときは、即ち民、これに頼る。ゆえにその禄を重くすることは、民の為にする所以なり。

 

二 初修京師置畿内国司郡司関塞斥候防人駅馬伝馬及造鈴契定山河。
読み下し
 其の二に曰く。初めて京師を修め、畿内に国司・郡司・関塞(せきそこ)・斥候(うかみ)・防人・駅馬(えきま)・伝馬(てんま)を置き、及び鈴契(れいけい)を造り、山河を定めよ。凡そ京には坊ごとに長一人を置き、四坊に令一人置き、戸口を按??(あんけん)し、奸非を督察することを掌れ。その坊の令は、坊内の明廉強直(めいれんごうちょく)にして、時務(じむ)に堪ふるものを取りて充てよ。里坊(りぼう)の長には、並びに里坊の百姓にして、清正強幹なるものを取りて宛てよ。もし当(そ)の里坊に人なくば、比(ならび)の里坊に、簡(えら)び用いることを聴(ゆる)す。凡そ畿内は、東は名墾(なはり)の横河(よがは)より以来、南は紀伊の兄山(せのやま)より以来、西は赤石の櫛淵より以来、北は近江の狭々波(さざなみ)の合坂山(あふさかやま)より以来を畿内の国となす。凡そ郡は、四十里を以て大郡となし、三十里以下、四里以上を中郡となし、三里を小郡となす。その郡司には、並に国造の性識清廉(せいしきせいれん)にして、時務に堪ふるものを取りて、大領・少領となし、強幹聰敏(きょうかんそうびん)にして、書算に工(たくみ)なるものを、主政(まつりごとひと)。主帳(ふみひと)となせ。凡そ駅馬。伝馬を給ふことは、みな鈴、伝符の剋(きざみ)の数に依れ。凡そ諸国、及び関には、鈴契を給ふ。並びに長官執れ、若し無くば次官執れ。

 

三 初造戸籍計帳班田収授之法。
読み下し
 其の三に曰く。初めて戸籍・計帳・班田収授の法を造る。凡そ五十戸を里となし、里ごとに長一人を置く。戸口を按??し、農桑(のうそう)を課殖し、非違(ひい)を禁察し、賦役を催駈(さいく)することを掌れ。凡そ田は長さ三十歩、広さ十二歩を段となし、十段を町となす。段ごとに祖稻(そとう)二束二把(にたばにわ)、町ごとに祖稻二十二束とす。若し山谷阻険(さんこうそけん)にして、地遠く人稀なる処は、便に従ひて量り置け。

 

四 罷旧賦役而行田之調。
読み下し
 其の四に曰く。舊(もと)の賦役を罷めて、田の調(みつぎ)を行ふ。凡そ絹・?(ふとぎぬ)・糸・綿は、並びに郷土の出(いだ)す所に従へ。田一町に絹一丈とし、四町にて疋(ひき)を成す。長さ四丈、広さ二尺半。?は二丈とし、二町にて疋を成す。長さ広さは、絹に同じ。布は四丈とし、長さ広さ絹・?に同じ。一町にて端(むら)を成す。別に戸別の調を収れ。一戸に貲(さよみ)の布一丈二尺とす。凡そ調の副物(そへもの)、鹽(しお)と贄(にえ)とは、また強度の出す所に従え。凡そ官馬(かんば)は、中馬は一百戸毎に一疋を輸(いた)し、若し細馬(よきうま)ならば、二百戸毎に一疋を輸せ。其の馬を買ふ直(あたい)は、一戸に布(ふ)一丈二尺とす。凡そ兵は人の身ごとに、刀・甲・弓・矢・幡(はた)・鼓(つつみ)を輸せ。凡そ仕丁(しちょう)は、舊の三十戸ごとに、一人なりしを改めて、五十戸ごとに一人とし、以て諸司に充てよ。五十戸を以て。仕丁一人の粮(かて)に充てよ。一戸の庸布(ようふ)は一丈二尺、庸米(ようまい)は五斗とす。凡そ采女(うねめ)は、郡の少領(すけのみやつこ)以上の姉妹、及び子女の形容(かたち)端正なるものを貢(たてまつ)れ。一百戸を以て、采女一人の粮に充てよ。庸布・庸米はみな仕丁に准(したが)へ。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献