日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

皇室典範(明治時代)

 明治二十二年二月十一日

 

天佑を享有したる我か日本帝国の宝祚は万世一系歴代継承し以て朕か躬に至る惟ふに祖宗肇国の初大憲
一たひ定まり昭なること日星の如し今の時に当り宜く遺訓を明徴にし皇家の成典を制立し以て丕基を永
遠に鞏固にすへし茲に枢密顧問の諮詢を経皇室典範を裁定し朕か後嗣及子孫をして遵守する所あらしむ

 

御名御璽
明治二十二年二月十一日

 

皇室典範(明治典範)

 

   第一章 皇位継承

 

第一条 大日本国皇位は祖宗の皇統にして男系の男子之を継承す

 

第二条 皇位は皇長子に伝ふ

 

第三条 皇長子在らさるときは皇長孫に伝ふ皇長子及其の子孫皆在らさるときは皇次子及其の子孫に伝ふ以下皆之に例す

 

第四条 皇子孫の皇位を継承するは嫡出を先にす皇庶子孫の皇位を継承するは皇嫡子孫皆在らさるときに限る

 

第五条 皇子孫皆在らさるときは皇兄弟及其の子孫に伝ふ

 

第六条 皇兄弟及其の子孫皆在らさるときは皇伯叔父及其の子孫に伝ふ

 

第七条 皇伯叔父及其の子孫皆在らさるときは其の以上に於て最近親の皇族に伝ふ

 

第八条 皇兄弟以上は同等内に於て嫡を先にし庶を後にし長を先にし幼を後にす

 

第九条 皇嗣精神若は身体の不治の重患あり又は重大の事故あるときは皇族会議及枢密顧問に諮詢し前数条に依り継承の順序を換ふることを得

 

   第二章 践祚即位

 

第十条 天皇崩するときは皇嗣即ち践祚し祖宗の神器を承く

 

第十一条 即位の礼及大嘗祭は京都に於て之を行ふ

 

第十二条 践祚の後元号を建て一世の間に再ひ改めさること明治元年の定制に従ふ

 

   第三章 成年立后立太子

 

第十三条 天皇及皇太子皇太孫は満十八年を以て成年とす

 

第十四条 前条の外の皇族は満二十年を以て成年とす

 

第十五条 儲嗣たる皇子を皇太子とす皇太子在らさるときは儲嗣たる皇孫を皇太孫とす

 

第十六条 皇后皇太子皇太孫を立つるときは詔書を以て之を公布す

 

   第四章 敬称

 

第十七条 天皇太皇太后皇太后皇后の敬称は陛下とす

 

第十八条 皇太子皇太子妃皇太孫皇太孫妃親王親王妃内親王王王妃女王の敬称は殿下とす

 

   第五章 摂政

 

第十九条 天皇未た成年に達せさるときは摂政を置く
2 天皇久きに亙るの故障に由り大政を親らすること能はさるときは皇族会議及枢密顧問の議を経て摂政を置く

 

第二十条 摂政は成年に達したる皇太子又は皇太孫之に任す

 

第二十一条 皇太子皇太孫在らさるか又は未た成年に達せさるときは左の順序に依り摂政に任す
 第一 親王及王
 第二 皇后
 第三 皇太后
 第四 太皇太后
 第五 内親王及女王

 

第二十二条 皇族男子の摂政に任するは皇位継承の順序に従ふ其の女子に於けるも亦之に準す

 

第二十三条 皇族女子の摂政に任するは其の配偶あらさる者に限る

 

第二十四条 最近親の皇族未た成年に達せさるか又は其の他の事故に由り他の皇族摂政に任したるときは後来最近親の皇族成年に達し又は其の事故既に除くと雖皇太子及皇太孫に対するの外其の任を譲ることなし

 

第二十五条 摂政又は摂政たるへき者精神若は身体の重患あり又は重大の事故あるときは皇族会議及枢密顧問の議を経て其の順序を換ふることを得

 

   第六章 太傅

 

第二十六条 天皇未た成年に達せさるときは太傅を置き保育を掌らしむ

 

第二十七条 先帝遺命を以て太傅を任せさりしときは摂政より皇族会議及枢密顧問に諮詢し之を選任す

 

第二十八条 太傅は摂政及其の子孫之に任することを得す

 

第二十九条 摂政は皇族会議及枢密顧問に諮詢したる後に非されは太傅を退職せしむることを得す

 

   第七章 皇族

 

第三十条 皇族と称ふるは太皇太后皇太后皇后皇太子皇太子妃皇太孫皇太孫妃親王親王妃内親王王王妃女王を謂ふ

 

第三十一条 皇子より皇玄孫に至るまては男を親王女を内親王とし五世以下は男を王女を女王とす

 

第三十二条 天皇支系より入て大統を承くるときは皇兄弟姉妹の王女王たる者に特に親王内親王の号を宣賜す

 

第三十三条 皇族の誕生命名婚嫁薨去は宮内大臣之を公告す

 

第三十四条 皇統譜及前条に関る記録は図書寮に於て尚蔵す

 

第三十五条 皇族は天皇之を監督す

 

第三十六条 摂政在任の時は前条の事を摂行す

 

第三十七条 皇族男女幼年にして父なき者は宮内の官僚に命し保育を掌らしむ事宜に依り天皇は其の父母の選挙せる後見人を認可し又ハは之を勅選すへし

 

第三十八条 皇族の後見人は成年以上の皇族に限る

 

第三十九条 皇族の婚嫁は同族又は勅旨に由り特に認許せられたる華族に限る

 

第四十条 皇族の婚嫁は勅許に由る

 

第四十一条 皇族の婚嫁を許可するの勅書は宮内大臣之に副署す

 

第四十二条 皇族は養子を為すことを得す

 

第四十三条 皇族国彊の外の旅行せむとするときは勅許を請ふへし

 

第四十四条 皇族女子の臣籍に嫁したる者は皇族の列に在らす但し特旨に依り仍内親王女王の称を有せしむることあるへし

 

   第八章 世伝御料

 

第四十五条 土地物件の世伝御料と定めたるものは分割譲与することを得す

 

第四十六条 世伝御料に編入する土地物件は枢密顧問に諮詢し勅書を以て之を定め宮内大臣之を公告す

 

   第九章 皇室経費

 

第四十七条 皇室諸般の経費は特に常額を定め国庫より支出せしむ

 

第四十八条 皇室経費の予算決算検査及其の他の規則は皇室会計法の定むる所に依る

 

   第十章 皇室訴訟及懲戒

 

第四十九条 皇族相互の民事の訴訟は勅旨に依り宮内省に於て裁判員を命し裁判せしめ勅裁を経て之を執行す

 

第五十条 人民より皇族に対する民事の訴訟は東京控訴院に於て之を裁判す但し皇族は代人を以て訴訟に当らしめ自ら訟廷に出るを要せす

 

第五十一条 皇族は勅許を得るに非されは勾引し又は裁判所に召喚することを得す

 

第五十二条 皇族其の品位を辱むるの所行あり又は皇室に対し忠順を缺くときは勅旨を以て之を懲戒し其の重き者は皇族特権の一部又は全部を停止し若は剥奪すへし

 

第五十三条 皇族蕩産の所行あるときは勅旨を以て治産の禁を宣告し其の管財者を任すへし

 

第五十四条 前二条は皇族会議に諮詢したる後之を勅裁す

 

   第十一章 皇族会議

 

第五十五条 皇族会議は成年以上の皇族男子を以て組織し内大臣枢密院議長宮内大臣司法大臣大審院長を以て参列せしむ

 

第五十六条 天皇は皇族会議に親臨し又は皇族中の一員に命して議長たらしむ

 

   第十二章 補則

 

第五十七条 現在の皇族五世以下親王の号を宣賜したる者は旧に依る

 

第五十八条 皇位継承の順序は総て実系に依る現在皇養子皇猶子又は他の継嗣たるの故を以て之を混することなし

 

第五十九条 親王内親王王女王の品位は之を廃す

 

第六十条 親王の家格及其の他此の典範に牴触する例規は総て之を廃す

 

第六十一条 皇族の財産歳費及諸規則は別に之を定むへし

 

第六十二条 将来此の典範の条項を改正し又は増補すへきの必要あるに当ては皇族会議及枢密顧問に諮詢して勅定すへし

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献