日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

皇族会議令

 明治四十年二月二十八日皇室令第一号

 

第一条 皇族会議は勅命を以て之を召集す

 

第二条 皇族会議は皇室典範第十九条第二項の場合に於ては摂政たるへき順位に在る成年皇族男子之を召集す

 

第三条 皇族会議は皇室典範第二十五条の場合に於ては次に摂政たるへき順位に在る成年皇族男子之を召集す

 

第四条 前二条の場合に於て皇族会議の召集は成年皇族男子三分の一以上又は枢密顧問の請求に依り之を行ふ

 

第五条 皇族会議は皇室典範第九条第六十二条の場合に於ては皇族会議員三分の二以上其の他の場合に於ては半数以上出席するに非されは議決することを得す

 

第六条 皇族会議は皇室典範第十九条第二項第二十五条の場合に於ては会議を召集したる皇族を以て議長とす但し会議を召集したる皇族出席せさるときは出席者中上席者を以て議長とす

 

第七条 皇室典範第五十五条に依り皇族会議に参列する者は議事に就き意見を陳述することを得るも表決の数に加はらす

 

第八条 皇族会議の議事は皇室典範第九条第六十二条の場合に於ては出席者三分の二以上の多数に依り其の他の場合に於ては過半数に依り之を決す

 

第九条 皇族会議員は自己の利害に関する議事に付き表決の数に加はることを得す
2 前項利害関係の有無に付き疑議あるときは皇族会議之を決す

 

第十条 皇族会議の議決は天皇議事を統理せられさるときは議長より之を上奏すへし

 

第十一条 皇室典範第十九条第二項第二十五条の場合に於て皇族会議の議決ありたるときは皇族会議の議長は宮内大臣をして之を枢密院議長に通報せしむ
2 枢密顧問の請求に依り皇族会議を召集したる場合に於て其の議決枢密顧問の議決と一致したるときは皇族会議の議長は宮内大臣をして之を内閣総理大臣に通報せしむ

 

第十二条 皇族会議の議に付せられたる議案に就ては宮内大臣をして説明の任に当らしむ但し必要の場合に於ては特に説明委員を勅選せらるることあるへし

 

第十三条 皇族会議に関する事務は宮内大臣之を管掌す
2 皇族会議の議事は宮内高等官をして筆記せしめ宮内大臣之に署名す

 

第十四条 皇族会議の記録は図書寮に於て之を尚蔵す

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献