日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

皇統譜令

 大正十五年皇室令第六号

 

   第一章 総則

 

第一条 皇統譜は大統譜及皇族譜とす

 

第二条 皇統譜は副本を備ふへし
2 副本は内大臣府に於て保管す

 

第三条 皇統譜及副本には簿冊毎に表紙の裏面に御璽をツし宮内大臣枚数及調製の年月日を記入し図書頭と倶に之に署名すへし
2 皇統譜及副本には宮内大臣及図書頭其の綴糸に封印すへし

 

第四条 皇統譜の登録は移記の場合及判決に基く場合を除くの外公布又は公告に依り之を行ひ公布公告なき事項に付ては勅裁を経て之を行ふ

 

第五条 皇統譜の登録又は附記に錯誤あることを発見したるときは勅裁を経て之を訂正すへし
2 前項の場合に於ては皇族会議及枢密顧問の諮詢を経へし

 

第六条 判決に因り皇統譜の登録事項に変更を生したるときは其の判決に基きて之を訂正すへし

 

第七条 前二条の場合に於ては抹消又は変更の登録を為し且事由を附記すへし

 

第八条 皇統譜副本の登録及附記は正本に基きて之を行ふ

 

第九条 皇統譜及副本に登録又は附記を為したるときは其の年月日を記入し宮内大臣及図書頭之に署名すへし

 

第十条 皇統譜の登録及附記に関する記録は図書寮に於て尚蔵す

 

   第二章 大統譜

 

第十一条 大統譜は天皇に由り門を分ちて其の代数を掲け各門に天皇の欄及皇后の欄を設く

 

第十二条 天皇の欄には左の事項を登録すへし
 一 御名
 二 父
 三 母
 四 誕生の年月日時及場所
 五 命名の年月日
 六 践祚の年月日
 七 元号及改元の年月日
 八 即位礼の年月日
 九 大嘗祭の年月日
 十 成年式の年月日
 十一 大婚の年月日及皇后の名
 十二 崩御の年月日時及場所
 十三 追号及追号勅定の年月日
 十四 大喪儀の年月日陵所及陵名

 

第十三条 皇后の欄には左の事項を登録すへし
 一 名
 二 父
 三 母
 四 誕生の年月日時及場所
 五 命名の年月日
 六 大婚の年月日
 七 崩御の年月日時及場所
 八 追号及追号勅定の年月日
 九 大喪儀の年月日陵所及陵名

 

第十四条 摂政を置きたるとき又は摂政の更迭ありたるときは其の年月日及摂政の名を天皇の欄に登録すへし
2 摂政止みたるときは其の年月日を登録すへし

 

第十五条 皇后崩御したるときは其の年月日及皇后の名を天皇の欄に登録すへし

 

第十六条 親王王大統を承けたるに因り其の妃皇后となりたるときは其の年月日を皇后の欄に登録すへし

 

第十七条 皇后皇太后となりたるときは其の年月日を該皇后の欄に登録すへし皇太后太皇太后となりたるとき亦同し

 

第十八条 皇后摂政に任し又は摂政を罷めたるときは其の年月日を該皇后の欄に登録すへし皇太后太皇太后摂政に任し又は摂政を罷めたるとき亦同し

 

第十九条 皇后皇太后となりたる後に生したる事項は仍該皇后の欄に登録すへし

 

第二十条 親王王大統を承けたるときは該親王王の欄に記載したる事項を皇族譜より大統譜に移記すへし妃あるときは其の妃の欄に記載したる事項亦同し

 

第二十一条 内親王女王皇后となりたるときは該内親王女王の欄に記載したる事項を皇族譜より大統譜に移記すへし

 

   第三章 皇族譜

 

第二十二条 皇族譜は所出天皇に由り簿冊を区分し各親王内親王王女王に付一欄を設け妃に付ては夫の所出天皇に属する簿冊に各一欄を設く

 

第二十三条 親王親王妃内親王王王妃女王の欄には左の事項を登録しへし
 一 名
 二 父
 三 母
 四 誕生の年月日時及場所
 五 命名の年月日
 六 成年式の年月日
 七 婚嫁の年月日及配偶者の名
 八 薨去の年月日時及場所
 九 喪儀の年月日及墓所

 

第二十四条 立太子又は立太孫の礼を行ひたるときは其の年月日を該親王の欄に登録すへし

 

第二十五条 親王王大統を承けたるときは其の直系卑属の欄に記載したる事項を其の所出天皇に属する簿冊に移記すへし該直系卑属の妃の欄に記載したる事項亦同し
2 前項の場合に於て直系卑属たる王女王あるとき又は直系卑属たる王に妃あるときは其の親王内親王又は親王妃となりたる年月日を登録し且事由を附記すへし

 

第二十六条 親王王大統を承けたる場合に於て其の直系卑属たる女王にして親王妃王妃たる者あるときは該妃の欄に其の内親王となりたる年月日を登録し且事由を附記すへし

 

第二十七条 天皇支系より入て大統を承けたる場合に於て其の兄弟姉妹たる王女王に親王内親王の号を宣賜したるときは欄名を親王内親王と改め宣賜の年月日を登録すへし
2 女王にして親王妃王妃たる者に内親王の号を宣賜したるときは該妃の欄に宣賜の年月日を登録すへし
3 第一項の場合に於て王に妃あるときは欄名を親王妃と改め其の親王妃となりたる年月日を登録し且事由を附記すへし

 

第二十八条 皇室典範第九条の規定に依り皇位継承の順序を換へたるときは其の年月日を皇嗣たりし親王王の欄に登録し且事由を附記すへし

 

第二十九条 内親王女王親王王に嫁したるときは該内親王女王の欄に記載したる事項を其の夫たる親王王の妃の欄に移記すへし但し所出天皇同きときは欄名を親王妃王妃と改むるを以て足る

 

第三十条 親王妃王妃離婚の場合に於ては其の年月日を夫たりし親王王及該妃の欄に登録すへし
2 前項の場合に於て妃内親王女王なるときは該妃の欄に記載したる婚嫁後の事項を該内親王女王の旧欄に移記すへし但し所出天皇同きときは欄名を内親王女王と改むるを以て足る

 

第三十一条 皇室典範増補第一条又は第二条の規定に依り王臣籍に入りたるときは其の年月日を該王の欄に登録し且事由及氏名身位を附記すへし同第四条第一項の規定に依り皇族臣籍に降されたる場合之に準す

 

第三十二条 皇室典範増補第三条又は第四条第二項の規定に依り臣籍に入りたる皇族あるときは其の年月日を該皇族の欄に登録し且事由及其の入りたる家の戸主の氏名身位を附記すへし皇族身位令第三十四条及皇室親族令第三十二条の場合之に準す

 

第三十三条 内親王女王皇族に非さる者に嫁したるときは其の年月日を該内親王女王の欄に登録し且夫の氏名身位を附記すへし
2 皇室典範第四十四条の規定に依り内親王女王の称を有せしめたるときは其の旨を附記すへし

 

第三十四条 皇室親族令第三十三条の場合に於ては臣籍に入りたる年月日を妃の欄に登録し且事由を附記し復籍の場合に於ては其の家の戸主の氏名身位一家創立又は実家再興の場合に於ては氏名を附記すへし

 

第三十五条 配偶者ある皇族薨去したるときは其の年月日及名を該配偶者の欄に登録すへし

 

第三十六条 皇族摂政に任し又は摂政を罷めたるときは其の年月日を該皇族の欄に登録すへし

 

第三十七条 皇族失踪の宣告を受けたるときは其の年月日を該皇族の欄に登録すへし其の宣告の取消ありたるとき亦同し

 

第三十八条 皇族譜より大統譜に移記し又は皇族譜中一の欄より他の欄に移記したるときは其の年月日を新欄及旧欄に登録し且事由を附記すへし

 

   第四章 補則

 

第三十九条 神代の大統は勅裁を経て大統譜の首部に登録すへし

 

第四十条 前条に依るものを除くの外従前の皇統譜に記載したる事項は本令の規定に準し勅裁を経て之を本令に依る皇統譜に登録すへし本令に依る登録事項に非すと雖登録を必要とするもの亦同し
2 前項の場合に於ては皇族に係る事項は所出天皇を異にする皇族と雖其の少数なるものに付ては一簿冊中に区分を設け之を登録することを妨けす

 

第四十一条 光厳天皇光明天皇崇光天皇後光厳天皇及後円融天皇に係る事項は勅裁を経て別に簿冊を設け大統譜に準して之を登録すへし

 

第四十二条 第四十条の規定に依り登録すへき簿冊中の欄は左の区別に従ふ
 一 中宮尊称太皇太后尊称皇太后贈皇太后及贈皇后に係る事項は之を大統譜中皇后の欄に登録すへし
 二 皇族に係る事項は皇室典範第三十一条の別に従ひ之を各親王内親王王女王の欄に登録すへし
 三 親王の号を宣賜せられたる五世以下の皇族に係る事項は之を親王の欄に登録すへし
 四 前二号の規定に依り登録すへき親王王の配偶者に係る事項は之を妃の欄に登録すへし

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献