日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

植民地諸国およびその人民に対する独立の付与に関する宣言(国際連合総会決議一五一四(]X))

 採択 一九六〇年一二月十四日

 

前文 国際連合総会は、
 基本的人権、人の尊厳と価値、男女および大小各国の同権に対する信念を確認し、かつ、より拡大された自由のもとでの社会の進歩とよりよい生活水準を促進するという、国際連合憲章において世界の人民によって表明された決意に留意し、
 すべての人民の同権と自決の原則と、人権、性、言語または宗教による差別なくすべての人の人権と基本的自由を普遍的に尊重し遵守するという原則に基づいて、安定と福利と平和的で友好的な関係の条件を創り出す必要を認識し、
 従属下にあるすべての人民の自由を求める切実な願いと、これらの人民が独立の達成のために決定的な役割を果すことを承認し、
 これらの人民の自由の否認または障害に起因する紛争が増加し、それが世界平和に対する重大な脅威となっていることを認め、
 信託統治地域と非自治地域の独立運動に対する支援に国際連合が果す重要な役割を考慮し、
 世界の人民があらゆる形態の植民地主義の終焉を熱烈に望んでいることを認め、
 植民地主義の継続が国際経済協力の発展を阻害し、従属下にある人民の社会的、文化的および経済的発展を妨げ、普遍的平和という国際連合の理想に反するものであることを確信し、
 人民は、人民自身のために、国際経済協力から生じるいかなる義務も損なうことなく、相互利益の原則と国際法に基づいて、人民に属する天然の富と資源を自由に処分することができることを認め、
 解放の過程は逆らうことも覆すこともできないものであり、重大な危機を避けるためには、植民地主義とそれに付随するあらゆる分離と差別の慣行を終わらせなければならないことを確信し、
 近年、多数の従属地域が自由と独立を達成したことを歓迎し、いまだ独立を達成していない従属地域において自由に向けた動きがますます強まっていることを認め、
 すべての人民は完全な自由、主権の行使およびその国土の保全に対する不可譲の権利を有することを確信して、
 あらゆる形態の植民地主義を速やかにかつ無条件に終わらせる必要があることを厳粛に宣言する。
 そして、この目的のために、以下を宣言する。

 

1 外国による人民の征服、支配および搾取は、基本的人権を否認するものであり、国際連合憲章に違反し、世界の平和と協力の促進に対する障害となる。

 

2 すべての人民は、自決の権利をもち、この権利によって、その政治的地位を自由に決定し、かつ、その経済的、社会的および文化的発展を自由に追及する。

 

3 政治的、経済的、社会的または教育的な準備が不十分なことをもって、独立を遅延する口実としてはならない。

 

4 従属下の人民が完全な独立への権利を平和的にかつ自由に行使できるようにするために、これらの人民に向けられたすべての武力行動またはあらゆる種類の抑圧手段を停止し、かつ、これらの人民の国土の保全を尊重しなければならない。

 

5 信託統治地域、非自治地域その他のまだ独立を達成していないすべての地域において、これらの地域人民の自由に表明する意思および希望に従い、人種、信仰または皮膚の色による差別なく、すべての権力をこれらの地域人民に委譲する迅速な措置を講じなければならない。

 

6 国の国民的統一および領土保全の部分的または全体的な破棄をめざすいかなる企図も、国際連合憲章の目的および原則に反するものである。

 

7 すべての国家は、平等、すべての国家の国内事項への不介入ならびにすべての人民の主権的権利および領土保全の尊重を基礎とする、国際連合憲章、世界人権宣言および本宣言の諸条項を、誠実にかつ厳格に遵守しなければならない。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献