日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

国の権利及び義務に関する条約(米州)

 署名 一九三三年一二月二六日(モンテヴィデオ市)
 効力発生 一九三四年一二月二六日
 当事国 一四

 

 第七回アメリカ諸国国際会議に代表者を出した政府は、
 国の権利及び義務に関する条約を締結することを希望し、次の全権委員を任命した。
(全権委員名略)
 右の各全権委員は、その全権委任状を示し、それが良好妥当であることを認めた後、左記を協定した。

 

(国の要件)
第一条 国際法上の人格としての国は、次の資格すなわち、(イ)永久的住民。(ロ)明確な領域、(ハ)政府及び(ニ)他国と関係を取り結ぶ能力をもたなければならない。

 

(連合国家)
第二条 連合国家は、国際法上においては、単一の人格を構成する。

 

(政治的存在と承認の関係)
第三条 国の政治的存在は、他の諸国による承認とは無関係である。承認前においても、国は、その保全及び独立を擁護し、その維持及び繁栄のために備え、従つてその適当と認めるところによつて自国を組織し、その利益に関し法律を設け、その公務を執行し、その裁判所の管轄及び権限を明定する権利を有する。
 右の諸権利の行使に対しては、国際法による他国の権利行使以外に、なんらの制限も存在しない。

 

(権利と能力の平等)
第四条 国は、法律上においては平等であり、同一の権利を享受し、且つその行使に関し平等の能力を持つ。各国の権利は、その行使を確保するために当該国が有する権力によるものではなくて、当該国が国際法による人格として存在するという単純な事実によるものである。

 

(基本的権利)
第五条 国の基本的権利は、これになんら影響をも及ぼすことができないものである。

 

(承認の意義)
第六条 国の承認とは、承認する国が国際法により決定されたすべての権利及び義務とともに他方の人格を認めることをいうに過ぎないものである。承認は、無条件のもので、取り消し得ないものである。

 

(承認の方法)
第七条 国の承認は、明示的又は暗黙的であることができる。後者は、新たな国を承認する意思を暗示する行為から生ずる。

 

(不干渉)
第八条 いかなる国も、他国の内政又は外政に干渉する権利がない。

 

(管轄権)
第九条 国の自国領域の範囲内における管轄権は、すべての住民に適用される。
 内国民及び外国人は、法律及び国内官憲の同一の保護の下にあり、また、外国人は、内国民の権利と異なるか又はこれより広い権利を要求することができない。

 

(平和の維持)
第十条 国の最大の関心は、平和の維持である。国の間に生ずるいかなる種類の紛争も、承認された平和的方法によって解決しなければならない。

 

(強力による領土的取得又は特殊利益の不承認、領域の不可侵)
第十一条 締約国は、武器の使用、外交代表者を脅迫すること又は他のいずれかの有効な強制的措置のいずれより成るかを問わず、強力によつて獲得された領土的取得又は特殊の利益を承認しない明りような義務を、その行動の規則として明確に設定する。国の領域は、不可侵のもので、軍事的占領の目的、又は、一時的であつても、直接であるか間接であるか、また、理由のなんであるかを問わず、他国が課する他の強制的措置の目的となつてはならない。

 

(他の条約との関係)
第十二条 この条約は、これより前に締約国が国際協定によつて負つた義務に影響を及ぼされない。

 

(批准)
第十三条 この条約は、締約国によつて各自の憲法上の手続に従つて批准されなければならない。ウルグァイ共和国外務大臣は、前記の批准のため、各政府に認証謄本を送付する。批准書は、ワシントンにあるパン・アメリカン・ユニオンの記録に寄託され、パン・アメリカン・ユニオンは、この寄託を署名国政府に通告する。右の通告は、批准書の交換とみなされる。

 

(実施)
第十四条 この条約は、締約国の間においては、締約国が各自の批准書を寄託する順序によつて実施される。

 

(有効期間)
第十五条 この条約は、無期限に効力を有する。但し、パン・アメリカン・ユニオンに対しなされる1年の予告によつて廃棄することができる。パン・アメリカン・ユニオンは、右の予告を他の署名国政府に通報する。右の期間の満了後は、条約は廃棄をなす締約国に関しその効力を失うけれども、残余の締約国については、引き続き効力を有する。

 

(加入)
第十六条 この条約は、署名国でない国の加入のために開かれる。加入のための文書は、パン・アメリカン・ユニオンの記録に寄託され、パン・アメリカン・ユニオンは、これを他の締約国に通報する。

 

 右の証拠として、次の全権委員は、一九三三年一二月二六日ウルグァイ共和国モンテヴィデオ市でスペイン語、イギリス語、ポルトガル語及びフランス語のこの条約に署名調印した。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献