日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

十七条憲法について

 日本書紀に全文が記載されていますが、聖徳太子が作ったといわれる十七条からなる法になります。憲法という名がついていますが、当然現在のような近代憲法ではありません。しかし、日本という国柄を表す内容であるため、仮にイギリスであれば、憲法典を構成する重要な法文になります。成立したのは、604年(推古天皇12年)に聖徳太子が作ったとされるものになります。まず「憲法」とありますが、「憲」はノリと言い、ノリは「宣」ともいい、天皇が公に発する意思表明を意味します。それを「詔」といい、「詔」は民の従うべき掟であり、「法」になります。

 

各条文を抜粋すると以下のようになります。
第一条 以和為貴。
 和を以て貴しと為す
第二条 篤敬三寶
 篤く三宝(仏法僧)を敬え
第三条 承詔必謹
 詔を承けては必ず謹め
第四条 群卿百寮。以禮為本。
 群卿百寮(ぐんけいひゃくりょう)、禮をもって本(もと)とせよ。
 群卿百寮とは、政府高官や官吏のこと。
第五条 絶餐棄欲
 餮(むさぼり)を絶ち、欲を棄てて
第六条 懲悪勧善
 悪を懲らしめ善を勧めよ
第七条 人各有任
 人各々任有り

第八条 群卿百寮。早朝晏退
 早く朝(まい)りて晏(おそ)く退け。
第九条 信是義本。毎事有信。
 信はこれ義の本(もと)なり。事毎(ことごと)に信あれ。
第十条 絶忿棄瞋。不怒人違。
 忿(こころのいかり)を絶ち瞋(おもてのいかり)を棄て、人の違(たが)うを怒らざれ。
第十一条 明察功過。罰賞必當。
 功過(こうか)を明らかに察して、賞罰必ず当てよ。
第十二条 国司国造。勿斂百姓。
 国司(こくし)国造(こくぞう)、百姓(ひゃくせい)に斂(おさ)めとることなかれ。
第十三条 諸任官者。同知職掌。
 諸々の官に任ずる者同じく職掌を知れ
第十四条 群臣百寮。無有嫉妬。
 官吏達は、嫉妬あることなかれ
第十五条 背私向公。是臣之道矣。
 私に背き公に向うは、是臣の道なり。

第十六条 使民以時。古之良典。
 民を使うに時を以てするは、古の良き典(のり)なり。
第十七条 夫事不可独断。必與衆宜論。
 それ事は独り断(さだ)むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし。

 

このような内容になっています。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献