日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

和の精神を考える

 十七条憲法の第一条と第十七条については、まさに日本の国柄を表した内容と言えます。

 

第一条 一曰。以和為貴。無忤為宗。人皆有黨。亦少達者。是以或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦。諧於論事。則事理自通。何事不成。
読み下し
 一に曰わく、和を以って貴(とうと)しとなし、忤(さから)うこと無きを宗とせよ。人みな党あり、また達(さと)れるもの少なし。ここをもって、あるいは君父(くんぷ)に順(したが)わず、また隣里(りんり)に違(たが)う。しかれども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。
現代語訳
 一にいう。和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人はグループをつくりたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親のいうことにしたがわなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。

 

 上の者も下の者も親睦の気持ちを持って論議することで、道理が叶い成就する。それが和を以て貴しとなすということであり、和の精神になります。

 

第十七条 十七曰。夫事不可独断。必與衆宜論。少事是輕。不可必衆。唯逮論大事。若疑有失。故與衆相辨。辞則得理。
読み下し
 十七に曰わく、それ事は独り断(さだ)むべからず。必ず衆とともによろしく論(あげつら)うべし。少事はこれ軽(かろ)し。必ずしも衆とすべからず。ただ大事を論うに逮(およ)びては、もしは失(あやまち)あらんことを疑う。故に、衆とともに相弁(あいわきま)うるときは、辞(ことば)すなわち理を得ん。
現代語訳
 十七にいう。ものごとはひとりで判断してはいけない。かならずみんなで論議して判断しなさい。ささいなことは、かならずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断をあやまることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理にかなう結論がえられよう。

 

 物事は一人で判断してはいけない。必ず多くの人達と論議すること。とくに重大な事柄については、判断に誤りがある事を疑い、多くの人達と検討すれば道理にかなう結論が得られる。和の精神について、内容を見れば民主政を表す内容になっています。民主政は西洋から教えてもらったものではなく、推古天皇の時代にはあったということになります。この条文が示す原則とは、天皇といえども国家の大事を独断してはならないという意味であり、「ウシハク」のではなく「シラス」ということになります。人々の知らせを聞いて治めるということです。

 

 ちなみに倭国と和国の違いについてもお話しておきますと、一般に教科書などで古代の日本を倭国と表現していますが、これは中国の歴史書である魏志倭人伝に日本の国を表す言葉として用いられています。しかし、日本では国の名前を倭国ではなく、自ら和国と変えました。ヤマトを大和と書き表し、古事記や日本書紀に出てくる「言趣け和す」を重んじたこと、十七条憲法に出てくる和の精神を尊ぶ国から和国に変えたと言われます。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献