日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

御成敗式目について

 御成敗式目は、1232年に制定され、源頼朝以来の慣例を基本とし実用的な事を特色としています。主に守護地頭や御家人等に関する内容、財産や相続手続、訴訟に関する内容等で、式目の中に「右任右大将家御時之例」とあるのは、頼朝以来の慣例法による意味になります。御成敗式目について、所領に関する規定が多く、それは民事訴訟の公正な裁断に幕府が誠意を有したことの表れであり、これによって世の中が明るくなったといわれます。有名な松尾芭蕉の句に「明月の出づるや五十一箇条」(めいげつのいづるやごじゅういちかじょう)というものがあります。

 

 御成敗式目の施行については、三善康連(みよしのやすつら)に謀り、評定衆に諮問してその同意を得ています。また法文の末尾には当時の武士の間に行われていた宣誓の様式に倣い、遵守を天地神明に誓う起請文を附し、執権北条泰時、一門の長老北条時房、その他に11名の評定衆も連署しています。

 

 御成敗式目という名称は、制定の中心となった北条泰時の独創によるものですが、その淵源は十七条憲法第九条「善悪成敗、要在于信」に基づいていると考えます。成敗とは、成すべきを成し敗るべきを敗るの意味であり、広義には政治を、狭義には裁判を、さらに狭義の俗語としては懲罰することを意味します。そして起請文に「一同之憲法也」とあります。これは幕府においての基本法であるため、憲法的性格を有する法典になります。この時代、公家、武家、寺社で三者の法体系が出来ていますので、相互不干渉として、武家支配の領域に適用されるように定められました。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献