日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

王政復古の大号令とは

 王政復古の大号令とは
一言でいえば、既存の制度をすべて白紙にするというものになります。

 

 慶応3年(1867年)12月9日に天皇より発せられたものであり、徳川家による幕府政治、京都における律令体制という既存の制度を、新しい制度を創り上げるために、幕府の征夷大将軍や、摂政関白といった役職を廃止、新たに総裁、議定、参与を置くことになりました。例えば、幕末で有名な京都守護職として京都の治安を守っていた新選組なども、法的基盤を失うことにもなりました。

 

王政復古の大号令
 徳川内府、従前御委任大政返上、将軍職辞退之両条、今般断然聞しめされ候。抑癸丑以来未曾有の国難、先帝頻年宸襟を悩ませられ御次第、衆庶の知る所に候。之に依り叡慮を決せられ、王政復古、国威挽回の御基立てさせられ候間、自今、摂関・幕府等廃絶、即今先仮に総裁・議定・参与の三職を置れ、万機行はせらるべし。諸事神武創業の始に原き、縉紳・武弁・堂上・地下の別無く、至当の公議を竭し、天下と休戚を同く遊ばさるべき叡慮に付、各勉励、旧来驕懦の汚習を洗ひ、尽忠報国の誠を以て奉公致すべく候事。

 

 既存の制度を白紙にすることが出来るのは、まさに天皇が統治権をもっている所以であり、天皇以外誰も行うことが出来ません。もし天皇以外のものが、これを行うことになれば、それは革命になります。しかし日本は元々、人々の意見を聴いて天皇が統治を行うものになりますので、むやみに天皇一人がこれを行うことが出来るわけではありません。これは帝国憲法制定つまり日本の近代化への第一歩といえるものになります。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献