日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

木戸孝允の憲法制定意見書を読む

 明治6年7月に木戸孝允が、朝廷に上奏した憲法制定意見書になります。この意見書は、岩倉使節団の副使として欧米を視察し、今日本に必要なこととして、憲法が必要であることが記載されています。以下がその内容になります。

 

孝允、材識?烈(ざいしきせんれつ)、学問空疎、叨(みだ)りに要路に当る。既に巳(すで)に恐悚(きょうしょう)に堪えずして、さきには命を奉じ、欧亜各国に使いし、専対その当を得ざる者また少なしとせず。上は朝廷特命の旨を尽くす能(あた)わず、下は人民希望の意に酬(むくい)る能わず、その罪もまた多し。しかれども経歴の際、その制度文物については沿革の由(よ)るところのものを察し、その風土人情に由りては、異同の岐(わか)るところの者を考え、これを我邦(わがほう)維新前後の事に比較して、その施設措置の得失を熟思するに、各国の事蹟(じせき)大小文鄙(ぶんひ)の差ありと雖(いえど)も、その廃興存亡する所以(ゆえん)の者を原(たず)ぬるに、要は正規典則の隆替(りゅうたい)得失如何(いかん)を顧みるのみ

 

材識?烈(ざいしきせんれつ)とは、才識が浅はか
恐悚(きょうしょう)とは、恐縮
叨(みだ)りとは、正当な資格もない
専対とは、自分一人の考えでの受け答え
文鄙(ぶんひ)とは、文明的かひなびているか
隆替(りゅうたい)得失とは、盛んか衰えているか、成功か失敗か

 

これ以て、土壌広大、人民蕃殖(はんしょく)すと雖も、苟(いやし)も政規典則を以てこれを約束する有に能わずして、一夫は鄙(ひ)にして私利を営み、一夫は驕(おごり)て公道を矯(た)め、諂諛(てんゆ)僥倖(ぎょうこう)随(したが)って朝に満たば、富強文明の外貌ありと雖も、国基(こっき)衰退、終に整頓すべからざるに至らん。商艦遠からず、欧洲「ポーランド」の蹉跌(さてつ)の如き是(これ)なり。その独立存在せるに当りては、土壌広く、人民衆(おお)く、暴君汚吏あるにあらざれども、時勢の変遷に際して、その政規を確立すること能わず。甲は自ら信じて智者と唱へ、乙は自ら負して能者と称し、彼此(ひし)相服せず。公侯豪族或は私利を営み、或いは公道を矯(た)め、相争い相軋(あつ)し、殆(ほとん)ど無政の邦(くに)となり、生民の困厄(こんやく)言うに堪(た)うべからざる者あるに至りては、誰か活路を探りて、救済を求めざるものあらんや。

 

諂諛(てんゆ)僥倖(ぎょうこう)とは、媚びへつらいや幸運
蹉跌(さてつ)とは、挫折
彼此(ひし)相服せずとは、互いに信服しない

 

国を挙げて蜂起し、怨(うら)みを公侯に修め、讐(あだ)を豪族に復し、その騒擾(そうじょう)遂に比隣(ひりん)魯普墺(ロシア、プロシア、オーストリア)の三国に波及し、生民その堵(と)に安(やすん)ずる者なきに向んとす。三国の民坐してこれを傍観するに忍びず、兵力を集め、残賊を膺懲(ようちょう)し、終にその国を三分して、各自の所属となせり。是に於て亡国の人民、将(は)た誰をか咎め、誰をか恨みんや。国に独立の実績なく、人に固有の権利なきを以てなり。予火車(かしゃ)に駕し普より魯に行く。一暁悲笳(ひか)耳に徹し、残夢忽(たちま)ち破る。起(たち)て玻?(はり)窓を推せば、則ち「ポーランド」にして、土人の旅客に銭を乞うものあり。因ってその盛時を追想し、涙禁ぜざるもの之を久うす。嗟呼(ああ)政規建て典則存せざれば、いずれの国かこの覆轍(ふくてつ)を免かれん。廃興存亡の機かくの如く急なれば、録して以ってこれを賢明諸公に質(ただ)さざるを得ず。

 

堵(と)とは、垣根
膺懲(ようちょう)とは、懲らしめる
火車(かしゃ)とは、汽車
玻?(はり)窓とは、ガラス窓
覆轍(ふくてつ)とは、先人の失敗

 

それ一枝の杖は、その強きものと雖も、時ありて三尺の童子もまた強くこれを折(くじ)く。十枝の杖は、その弱きものと雖も、把(は)してこれを束ぬるに至りては、壮夫もこれを折ること能わず。また因(より)て以て千斤の重きを支梧(しご)すべし。今一国を割き、無数の小主をして、各区に主宰たらしめば、方嚮(ほうきょう)門多くして、各(おのおの)その利を営み、各その欲を逞(たくま)しくし、国力分裂して、以って牆内(しょうない)、兄弟の強弱を判ず可しと雖も、外国に対峙するに至りては、何を以て一和協合の強敵に抗するを得んや。若しこの道に反して、一主能(よ)く無数の小主を統べ、方嚮を一途に帰し、利害を一轍に通し、全国を総轄せば、仮令(たとい)境壌人民をして、広且(かつ)衆ならざらしむるも、以て隣境の侮慢(ぶまん)を禦(ふせ)ぐに足らん。これ物理の然る所にして、今日五洲強国の通論なり。

 

方嚮(ほうきょう)とは、方向
牆内(しょうない)とは、国内

 

我邦嚮(さき)には時勢の変更に際して士民その処を失ひ、貧困に陥るものもまた鮮(すくな)からずして、京畿、北陸の諸役に至りては、一時塗炭に坐するを免れざるの嘆(たん)あり。また一家の厄(やく)に就(つい)てこれを言わんに、父は京城に戦いて、国事に殉じ、子は北地に斃れて、君恩に報ずるものあり。今にして当時を追想すれば、未だ嘗(かつ)て冷汗(れいかん)背に浹(あまね)からずんばあらざるなり。

 

時勢の変更とは、明治維新のこと
冷汗(れいかん)背に浹(あまね)からずんばとは、背中に冷や汗があふれないことはない。

 

然(しかれ)ども、一家の厄は私情にして、一国の変は公事なり。公事?(もろ)きことなし。豈(あに)私情を顧みるに遑(いとま)あらんや。是を以て、皆能く焦心粉骨、終に朝廷、政規の基(もとい)を成すを得たり。而して、諸制の変革、天下の耳目に触(ふ)るる者、事として昔日の慣習に異ならざるもの無ければ、或いは狐疑(こぎ)を抱き、或いは割拠を謀り、朝意の嚮(むか)う所を知る者あらざるに似たり。然り而(しこう)して、万機の朝裁、豈徒(いたづ)らに旧制の変更を喜ぶのみならんや、首として内国の時勢を察し、次いで外国の関渉を顧み、その施為(しい)一つも已(や)むを得ざるの事実に出でざるものなく、富強を興し、文明を隆(さかん)にし、生民をしてその堵(と)に安ぜしむるを以て目的とす。

 

?(もろ)きとは、堅固
朝裁とは、朝廷の裁決
関渉とは、干渉
施為(しい)とは、施策

 

故に戊辰の春、東北の地未だ平定せざるの初(はじめ)、早く已(すで)に百官有司より天下の侯伯に至るまで、これを京城に徴集し、親(みづか)ら天神地祇(ちぎ)を祈り、誓文五條を作り、これを天下に公告し、以て朝意の帰着する所を證(しょう)し、人民の方嚮を一定せり。その題言に、大(おおい)に国是を定め、制度規律を立(たつ)るは誓文を以て目的となすの語あり。是を以て遂に藩籍奉還の請を許し、侯伯を廃し、国力の分裂を統一するもの、豈五洲強国の通論に基(もと)いするに非ざるを得んや。然らば則ちこの五條、実に我邦政規の基たり

 

誓文五條とは、五箇条の御誓文
證(しょう)とは、明らか
侯伯とは、大名

 

それ政規は一国の是(ぜ)とする所に因りてこれを確定し、百官有司の意に随って臆断(おくだん)するを禁じ、万機の事務統てその旨に則(のっと)りて、処置することを要するに在れば、慮る所の深き、期する所の遠き、当時の士民、誰か叡慮(えいりょ)の隆渥(りゅうあく)に感じ、敢てこれを奉戴(ほうたい)せざるものにあらんや。但、文明の国に在(あり)ては、君主ありと雖も、その制を擅(ほしいまま)にせず、闔国(ごうこく)の人民一致協合その意を致し、以て国務を條列(じょうれつ)し、その裁判を課して一局に委托し、これを目して政府と名(なづ)け、有司をしてその事に当らしむるを以て、有司たる者もまた一致協合の民意を保(ほ)し、重くその身を責めて国務に従事し、非常の変に際すと雖も、民意の許す所に非ざればその措置を縦(ほしいまま)にするを得ず、政府の厳密なる既にかくの如くなるに、人民なおその超制を戒め、議士なる者ありて、事毎(ことごと)に験査(けんさ)し、有司の意に随って臆断するを抑制す、これ政治の美なる所以なり。

 

叡慮(えいりょ)の隆渥(りゅうあく)とは、天皇陛下のお考えがいかに篤いものであるか
闔国(ごうこく)とは、全国
超制とは、超法規的措置

 

若(も)し人民いまだ文明の化に洽(あま)ねからざれば、暫(しばら)く君主の英断を以て民意の一致協合する所を迎え、これに代りて国務を條列し、その裁判を有司に課し、漸(ようや)く以てこれ文明の域に導かざるを得ざるもの、これ自然の理にして、嚮(さき)に誓文の盛挙ありしも叡慮の起るところ、蓋(けだ)しこれに基(もとづ)きしなるべし。顧(おも)うに、我那(くに)いまだ議士の事毎に験査を加ふる有らずと雖も、聖令の重くして事務の大なる、欧米各国の民意を体(たい)し政(まつりごと)を行う者に毫(ごう)も異なることなければ、有司たる者は宜しくその身を責め、五條の政規を以て標準となすを要せざるべからず。

 

蓋しとは、まさに

 

政規は精神なり、百官は支体(したい)なり(欧州の通説に政規は精神、百官は支体と云う。また一説には人民を以て精神となし、百官を以て支体となすともいえり。意(おも)うに政規は即ち人民一致協合の意に出づれば、二説異なりと雖も理は則ち一なり)、神心命(めい)を伝へて肢体逆(さかし)まに動き、或いは命を?(また)ずして妄(みだり)に挙動するが如きあらば、全国の事務錯乱して物情安からず、勢い料(はか)るべからざるに至らん。果してかくの如くならば、前日の盛挙も徒(いたず)らに旧制を廃するに過(すぎ)ずして、士民焦心粉骨の労も空しく水上の泡に帰せん。

 

凡(およそ)天下の事、これを言うは易く、これを行うは難し。用捨(ようしゃ)の間(かん)、また以て深く戒めざるべからず。聖主、前日の叡旨(えいし)を推すに、豈(あに)天下を以て一家の私有とせんや。民とここに居り、民とこれを守り、万機の事務統(すべ)て人民に関渉せざるは無くして、人民もまた各(おのおの)その権利を尽し、その負担に任ぜざるべからず。予の仏国に至る、その学「フルツク」なる者に聞けり。曰く、仏国の人民は英国の人民に如(し)かず、これ誠に嘆ずべきなり。その故は、英国の人民は概して政府与(あた)うる所の権利を尽さざる者あるなし。仏国の人民に至っては、その与うる所の権利は未だ能(よ)くその半ばを尽さずして、横さまにその与えざる所の権利を奪わんと欲する者多し。これ、その屡(しばしば)紛乱を致す所にして、国力の強からざるも職としてここに之由(よ)る。豈慨するに堪えざるべけんやと。

 

用捨(ようしゃ)の間(かん)とは、用いるか用いないか

 

予、これを聞きて爽然(そうぜん)として自ら失し、赧然(たんぜん)として自ら愧(はじ)たり。それ権利を尽して天賦の自由を保ち、負担を任じて一国の公事に供する等、皆人民存生の目的なれば、細かにその條目を記載し、盟約して以てその制に違反することを許さず。相誡(いまし)めてこれに従事すべきもの、即ち典則なり。典則なる者は政規に出でて、政規は万機の本根たれば、一切の枝葉、悉(ことごと)くこれより分出せざる者なし。これを以て各国その政規を変革するに当りては、精思(せいし)熟慮、遍(あまね)く人民の見る所を尽し、万(ばん)止むを得ざるの事実あるに非(あら)ざれば、決して軽挙妄作することなし。故に君主英断、民意を迎うるの国に至りては、最も謹慎(きんしん)を加え、特に視察を審(つまびら)かにし、深く内国の状態を考え、広く人民の生産を顧み、その開化の度に応じて、能く施設するを主とせり。

 

それ、一国を経理するには必ず一国の力あり。力を計りて事に処せざれば、一利変じて百害となる。譬(たと)えば、貧人の子の千金の子を羨(うらや)むが如く、財を傾け家を喪(うしな)うに至るも、その栄遂に及ぶべきに非ざれば、国事を理(おさ)むる者もまた手を下すには宜しくその次を繹(たず)ぬべく、力を養うには宜しくその漸(ぜん)に従うべし。文明の至治、固より一朝の能く求め得る所に非ざればなり。凡(およそ)五洲の広きや、国あればここに民あり。各国、士風の開化と不開化を問わず、人に賢愚あり、富に大小あり。賢材にして事務に達する者は要路に当りて生民を率い、富実(ふじつ)にして資材に厚き者は生産を督(とく)して貧民を御するもの、固より普通の公理なりと雖も、諺(ことわざ)に、一燕(いちえん)の帰来、未だ以て天下の春を唱うるに足らず、烟霞淡蕩(いんかたんとう)、百花妍(ひゃっかけん)を争うに至りて、始めて以て陽和と賞するに足るといえるが如く、民間、偶(たまたま)一、二の賢材を出し、或いは数名の豪富を生ずと雖も、一般の人民、なお貧且愚にして品位賎劣の地にあらば、その国未だ富強文明の域に入ると謂うべからざるなり。

 

経理するとは、治め整える
国事を理(おさ)むる者もまた手を下すには宜しくその次を繹(たず)ぬべく、力を養うには宜しくその漸(ぜん)に従うべし。
国の政治を司る者は、手を下す時には順々と行い、徐々に力を養っていくべきだ
至治とは、統治
一朝とは、一朝一夕

 

我那(くに)現今の景況に就(つ)いて施設措置の跡を察するに、時勢なお逶?(いい)として人心一方に偏執し、権利を尽さずして徒(いたず)らに開化を擬し、負担に任ぜずして漫(みだ)りに文明を摸(も)するの弊なき能(あた)わず。これを以てその外貌は漸々(ぜんぜん)嫻都(かんと)に習い、往々朴野(ぼくや)の旧を変ずと雖も、その心情に至りては未だ遽(にわ)かに文明に化するを得ず。加之(しかのみ)ならず、法令軽出、昨是今非(さくぜこんひ)、前者未だ行われざるに、後者また継ぐが如きは決して人民の能く堪(たえ)る所に非ず。而して政務の端多き、区域の際(かぎり)なき人生の要務、開化に従て日一日より進まざるを得ざるは、政府、今日の事務はまた已(すで)に戊申年間の事務とその轍(てつ)を斉(ひとし)うして、論ず可らず。然るにその政規なおただ五條のみを以て照準となさば、要路に当る者、常に応変の処置に迷い、恐らくは民意に充つること能(あた)わざるに至らん。

 

逶?(いい)とは、曲がりくねったり

 

然らば則(すなわ)ち、今日の急務は先(ま)ず大令を布(し)き、その五條に基(もとづき)て條例を増し、典則を建て以て後患を防ぎ、且つ務めて生民を教育し、徐(ゆ)るやかにその品位、賤劣の地を免(まぬか)れしめて、以て全国の大成を期するに如(し)くは莫(な)きなり。人民品位、既に高くして、政事家方(まさ)にその際に投じ、意を国家に尽さば、将来の幸福もまた多かるべし。万一徐(ゆ)るやかに大成を期すること能わずして、一、二の賢明独(ひと)りその身の利達を要し、民意の向背(こうはい)を問わずして只管(ひたすら)功名を企望(きぼう)し、要路の一局に拠りて威権を偏持(へんじ)し、万緒(ばんちょ)国務の多き毎事これを文明の各国に擬似せんと欲し、軽躁(けいそう)これを施行せんか、国歩の運厄(うんやく)以て累卵(るいらん)の危(あや)うきを招くべくして、孝允等もまた恐らくは他日の責を免ること能(あた)わざるに至らん。これ今日の急務、先ず政規典則を建(たつ)るに止(とど)まる所以なり。予、また嘗(かつ)て聞けるあり。羅馬(ローマ)の古語に曰く、民あれば則ち法ありと。政規典則の欠く可らざる亦以て見るべきなり。孝允欧亜一周、触目(しょくもく)経験の際、深く己往(いおう)を回想して、窃(ひそか)に将来に感ずる所あり。区々の心、自ら緘黙(かんもく)する能わず。見る所を具陳(ぐちん)してこれを諸公に質(ただ)す。諸公それ之を裁せよ。

 

如(し)くは莫(な)きなりとは、及ぶものはない
向背(こうはい)とは、従っているか背いているか
運厄(うんやく)以て累卵(るいらん)の危(あや)うきとは、卵を積み重ねたように不安定で危険なさま

 

 (その後、9月に孝允が自ら記すものを以下に追記する)
君民同治の憲法に至りては、人臣の協議にあらざれば、同治の憲法と認めざるは固(もと)よりなり。今、我が天皇陛下、励精整治、而(しこう)して維新の日、なお未(いま)だ浅く、知識進昇して人民の会議を設くるに至るは、自(おの)ずから多少の歳月を費やさざるを得ず。故に今日に於ては政府の有司萬機を論議し、天皇陛下夙(つと)に独裁せらるるは、固(もと)より言を待たざるなり。而(しこう)して、自ら偏重偏軽の患ありて、現に紛騒を生じ、必竟(ひっきょう)人民の不幸に関するもの少なからず。依って天皇陛下の英断を以て民意を迎え国務を條例し、その裁判を課し、以て有司の随意を抑制し、一国の公事に供するに至らば、今日に於ては独裁の憲法と雖(いえど)も他日、人民の協議起るに至り、同治憲法の根種となり、大いに人民幸福の基(もとい)となる必せり。故に孝允の切に希望する所にして、政府諸公へこの書を呈し、速やかに憲法の制定あらんことを陣述せり。而して当時容れられざるも、固(かた)く自らを信じて止まず。この主意を陳述するもの又数次に及べり。(完)

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献