日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

国会開設の勅諭とは

 明治8年の立憲政体樹立の詔を継承し、少しずつ立憲政体を構築してきました。ここで10年後の明治23年に向けて国会を開設することを宣言するものになります。

 

明治十四年十月十二日

 

朕祖宗に千五百有余年の鴻緒を嗣き中古紐を解くの乾綱を振張し大政の統一を総覧し又夙に立憲の政体を建て後世子孫継くへきの業を為さんことを期す嚮に明治八年に元老院を設け十一年に府県会を開かしむ此れ皆漸次基を創め序に循て歩を進むるの道に由るに非さるは莫し爾有衆亦朕か心を諒とせん
顧みるに立国の体国各宜きを殊にす非常の事業実に軽挙に便ならす我祖我宗照臨して上に在り遺烈を揚け洪模を弘め古今を変通して断して之を行ふ責朕か躬に在り将に明治二十三年を期し議員を召し国会を開き以て朕か初志を成さんとす今在廷臣僚に命し仮すに時日を以てし経画の責に当らしむ其組織権限に至ては朕親を衷を栽し時に及て公布する所あらんとす
朕惟ふに人心進むに偏して時会速なるを競ふ浮言相動かし竟に大計を遺る是れ宜しく今に及て謨訓を明徴し以て朝野臣民に公示すへし若し仍ほ故さらに躁急を争ひ事変を煽し国安を害する者あらは所するに国典を以てすへし特に茲に言明し爾有衆に諭す

 

その後、明治15年(1881年)3月3日の「立憲政体調査につき特派理事欧洲派遣の勅書」を発布され、伊藤博文を中心には明治15年3月14日に横浜を出発、ヨーロッパの滞在は1年2か月におよび、ドイツ、オーストリア、イギリス、ベルギーなど各国を巡り、グナイスト(Rudolf von Gneist)、モッセ(Albert Mosse)、シュタイン(Lorenz von Stein)等から講義を受けることで、帝国憲法制定へと至りました。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献