日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

紀元節御親祭式はどのように行われたか

 まず明治23年2月11日に、伊藤博文らを中心に、日本の歴史、伝統、文化を踏まえた、自主憲法たる帝国憲法が発布されました。その日は、日本国内がお祭りになります。その発布にあたり紀元節御親祭式という儀式が執り行われました。

 

紀元節御親祭式
 午前8時に宮内省官吏着席
 午前9時頃、宮中の賢所の御垣内に入り、親任官、公爵勲一等、勅任官、府県知事が控所に着席。
次に、内大臣、宮内大臣、侍従長、式部長官などが供奉し、親王や内閣総理大臣、枢密院議長、各大臣が付き従う。
 天皇には古来の茶色の服に黒の冠を召させ給い、鳥帽子を着けた5人の侍従を前と後ろに従え、出御において、一同立ちて、拝礼する。
 天皇は、賢所にて、御玉串を奉り給い御拝、憲法発布の御告文を奏し給う。

 

御告文(ごこうもん)
皇(すめら)朕(わ)れ謹(つつし)み畏(かしこ)み
皇祖(こうそ)
皇宗(こうそう)の神霊(しんれい)に誥(う)け白(もう)さく
皇(すめら)朕(わ)れ天壌無窮(てんじょうむきゅう)の宏謨(こうぼ)に循(したが)ひ
惟神(かんながら)の宝祚(ほうそ)を承継し旧図(きゅうと)を保持して敢て失墜すること無し
顧みるに世局(せいきょく)の進運に膺(あた)り人文(じんもん)の発達に随(したが)ひ宜く
皇祖
皇宗の遺訓を明徴にし典憲を成立し条章を昭示し内は以て
子孫の率由(そつゆう)する所と為し外は以て臣民翼賛の道を広め永遠に遵行せしめ
益々国家の丕基(ひき)を鞏固(きょうこ)にし八洲(はつしゅう)民生の慶福を増進すへし
茲(ここ)に皇室典範及憲法を制定す惟(おも)ふに此れ皆
皇祖
皇宗の後裔(こうえい)に貽(のこ)したまへる統治の洪範(こうはん)を紹述するに外ならす而して朕(ちん)か躬(み)に逮(および)て時と倶(とも)に挙行することを得るは洵(まこと)に
皇祖
皇宗及我か

皇考の威霊に倚藉(いせき)するに由らさるは無し皇朕れ仰(あおい)て
皇祖
皇宗及
皇考の神祐(しんゆう)を祷(いの)り併せて朕か現在及将来に臣民に率先し此の憲章を履行して愆(あやま)らさらむことを誓ふ庶幾(こいねがわ)くは
神霊此れを鑒(かんが)みたまへ

 

 次に皇霊殿にて、御玉串を奉り給い御拝、憲法発布の御告文を奏し給う。次に神殿にて、御拝し入御され、一同また敬礼。
 続いて、親王、内閣総理大臣、枢密院議長、各大臣親任官、公爵勲一等勅任官、文武の奏任官、府県知事や議長に至るまで、賢所を拝礼。次に宮内省着席議員拝礼。
その後、それぞれ退出していきました。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献