日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

帝国憲法発布勅語を読む

 明治23年2月11日の憲法発布式において、明治天皇が勅語を読み上げます。

 

憲法発布勅語
朕国家の隆昌と臣民の慶福とを以て中心の欣栄(きんえい)とし
朕か祖宗(そそう)に承くるの大権に依り現在及将来の臣民に対し此の不磨の大典を宣布す
惟(おも)ふに我か祖我か宗は我か臣民祖先の協力輔翼に倚(よ)り
我か帝国を肇造(ちょうぞう)し以て無窮(むきゅう)に垂れたり
此れ我か神聖なる祖宗の威徳(いとく)と並に臣民の忠実勇武にして国を愛し公に殉(したが)ひ以て
此の光輝ある国史の成跡(せいせき)を貽(のこ)したるなり
朕我か臣民は即ち祖宗の忠良なる臣民の子孫なるを回想し其の朕か意を奉体(ほうたい)し
朕か事を奨順し相(あい)与(とも)に和衷協同し
益々我か帝国の光栄を中外に宣揚(せんよう)し
祖宗の遺業を永久に鞏固(きょうこ)ならしむるの希望を同くし此の負担を分つに堪(た)ふることを疑はさるなり

 

現代語訳
憲法発布勅語
私は、国家の隆盛と臣民の幸福をもって中心の喜ばしい光栄なこととし、
御先祖様から受け継いだ大権によって、現在から将来にわたって臣民に対し、この不磨の大典を宣布する。
考えてみれば、私の御先祖様は今いる臣民の祖先の協力や助けにより、
この帝国を創造し、永久の模範として下された。
このことは、私の神聖な祖先の威厳と人徳、臣民の忠実で勇武で国を愛し、公に従い、
この光り輝かしい栄光に満ちた日本の歴史を遺された。
私は、我が臣民が、すなわち御先祖様の忠実で善良なる臣民の子孫であることを思いめぐらし、私の意志に身を挺し、
私が事を進め従い、心を一つに力を合わせて、
益々我が帝国の光栄を国の内外に広く知らしめ、
御先祖様の遺業を永久に強固たるものにするという希望を同じくし、その任の負担に耐えられることに疑いはない。

 

 内容としては、歴代天皇と臣民の祖先とで、この日本という国を創ってきた、そして輝かしい栄光に満ちた日本の歴史を遺されました。歴代天皇と臣民の祖先がしてきたように、私の代でも、心を一つに力を合わせて守っていこうというものになります。
 日本が君民共治の原則の国であることが、ここで読み取ることが出来ます。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献