日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の憲法について

現在の憲法について記事一覧

日本国憲法はどのようにして成立したのか

 戦前に犬養内閣の犬養内閣総理大臣が1932年5月15日いわゆる5・15事件において殺害されたしまい、その後の斎藤内閣以後は挙国一致内閣などとして、憲政の常道が失われていくことになりました。 憲政の常道とは、「衆議院第一党の総裁が総理大臣になること」また選挙によらず首班指名をされた場合、その後に衆議...

≫続きを読む

 

マッカーサー三原則から日本国憲法成立へ

 マッカーサー三原則とは、1946年2月1日、松本委員会が作成していた憲法改正案が正式発表前に毎日新聞にスクープされ、保守的であるという批判と共にGHQの目に触れることになりました。そこでGHQが憲法の骨子として、マッカーサーが“走り書き”した三原則が2月3日に作成されました。マッカーサー三原則1 ...

≫続きを読む

 

8月革命説とは何か

 8月革命説とは、戦後東大憲法学の祖ともいうべき人物である宮沢俊儀が作り出した脳内革命の説になります。宮沢俊儀は、フランス憲法を専行している人で、その考え方は当然フランス憲法の歴史から日本を見ているものになります。つまり帝国憲法において、主権が天皇にあり、日本国憲法では主権が国民になりました。天皇主...

≫続きを読む

 

国民主権とは実は危険な言葉

 国民主権とは言わずと知れた日本国憲法三大原則の一つになります。国民主権とは最終的な決定権が国民に帰するということになります。現行憲法第1条に以下のように記載されています。日本国憲法(天皇の地位・国民主権)第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民...

≫続きを読む

 

フランス憲法から国民主権を考えてみる

 よくフランス革命から絶対王政が廃止され、自由、平等、博愛の共和政国家が出来たと言われますが、フランス革命が終わったあと、実はイギリス憲法を参考に1791年フランス憲法が作成されました。 それは、イギリス流の君臨すれども統治せずの原理を入れた、いわば成文化された憲法がないイギリスに対して、その憲法を...

≫続きを読む

 

天皇主権から国民主権に変わったとは嘘

 よく戦前の帝国憲法は天皇に主権があり、日本国憲法においてはその天皇に主権がある状態から、国民主権に変わったということがよく言われています。といいますよりは、東大憲法学においてはそのようになっています。 この天皇主権から国民主権に変わったとは誤りに等しいものになります。なぜなら天皇に主権があり、実際...

≫続きを読む

 

憲法無効論について

 憲法無効論という論議があります。帝国憲法の改正には限界があり、今の日本国憲法は押しつけ憲法という側面や、日本の歴史、伝統、文化に反する条文内容や手続き部分を見ても無効という話になります。 またよく言われることで、今の日本国憲法の改正を行う形で自主憲法を制定すれば、占領によって押し付けられた憲法を認...

≫続きを読む

 

日本国憲法三大原則の矛盾

 日本国憲法の三大原則とは、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義になりますが、これは矛盾しています。 つまり北朝鮮に拉致された人達がいるという現実の中、取り返すことが出来ない現状があります。それはまさに日本国憲法三大原則の基本的人権の尊重に反しているわけです。そしてそれを担保する立場にあるのは、政府...

≫続きを読む

 

日本国憲法前文とは

 憲法とは、その国の歴史、伝統、文化に基づいている必要があると別の所でもお伝えしました。そして帝国憲法における前文とは、皇室の祖先に誓いを申し立てる御告文になります。これは祝詞のような形で読まれたものになります。 それと比べて、現在の日本国憲法を見てみますと、日本の国の歴史、伝統、文化に根差している...

≫続きを読む

 

主権国家のあるべき姿とは

 よく日本は、「普通の国」ではないため憲法を改正し自衛隊を認めるようにすべきだという意見があります。本来「普通の国」とは、そこに住む国民が拉致された場合、武力をもってしても取り返すことが出来なければなりません。 物騒な話と言われる方もいるかもしれません。しかし、紛争状態にあるイスラエルとパレスチナに...

≫続きを読む

 

自主憲法制定とは

 そもそも語義矛盾の言葉であり、自主でない憲法は本来おかしい意味なります。日本において、本当に自主である憲法であれば、日本国憲法の改正や焼き直しはおかしな話です。 では、本当の意味の自主憲法制定とは何か。それは、日本の今までの憲法を比較して制定すべきことになります。自主でない憲法はおかしいと言いまし...

≫続きを読む

 

日本国憲法には明らかな誤りがある

 実は今の日本国憲法には明らかな誤りがあります。まずそのことについてご存じだったでしょうか。以下の条文を見て下さい。(天皇の国事行為)第七条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。 この条文には明らかな誤りがあります。それ...

≫続きを読む

 

日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献