日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

マッカーサー三原則から日本国憲法成立へ

 マッカーサー三原則とは、1946年2月1日、松本委員会が作成していた憲法改正案が正式発表前に毎日新聞にスクープされ、保守的であるという批判と共にGHQの目に触れることになりました。そこでGHQが憲法の骨子として、マッカーサーが“走り書き”した三原則が2月3日に作成されました。

 

マッカーサー三原則
1 天皇は、国の元首の地位にある。
 皇位の継承は、世襲である。
 天皇の職務及び権能は、憲法に基づき行使され、憲法の定めるところにより、国民の基本的意思に対して責任を負う。
2 国家の主権的権利としての戦争を廃棄する。
 日本は、紛争解決のための手段としての戦争、及び自己の安全を保持するための手段としてのそれをも、放棄する。
 日本はその防衛と保護を、今や世界を動かしつつある崇高な理想に委ねる。
 いかなる日本の陸海空軍も決して許されないし、いかなる交戦権も日本軍には決して与えられない。
3 日本の封建制度は、廃止される。
 皇族を除いて華族の権利は、現在生存する者一台以上に及ばない。
 華族の授与は、爾後どのような国民的または公民的な政治的権力を含むものではない。
 予算の型は、英国制度に倣うこと。
GHQ『「マッカーサー三原則」

 

 その後GHQ側で憲法草案が作成され10日後の2月13日に、政府に提示されました。ちなみに大東亜戦争開戦のきっかけとなったコーデル・ハル国務長官のハル・ノートが、日本に突きつけられ、最後通牒として開戦になりました。しかし、ハル・ノートを起草したのはハル国務長官ではなく、ソ連のスパイとしてヴェノナ文書で発覚したハリー・デクスター・ホワイトでした。またヴェノナ文書にあるように、憲法草案を英語から日本語に翻訳したのはトーマス・アーサー・ビッソンという、同様にソ連のスパイでした。ベアテ・シロタ・ゴードンというソ連のスパイとして疑われた人物も憲法起草に携わっており、社会保障や女性の権利についての条項を担当し、今の憲法第24条、第25条、第27条が反映されています。その背景がある中で、日本港憲法が作成されたという事実を考えた上で、新しく憲法を考えなければなりません。

 

 GHQ草案が提示された後、その草案を下に日本に合うように直されました。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献