日考塾〜憲法とは即ち歴史である

このエントリーをはてなブックマークに追加

平和安全法制に関わる騒動の発端について

 2015年6月4日の憲法審査会において、自民党が護憲派の長谷部恭男教授を国会に参考人として推薦しました。

 

『6月4日の憲法審査会では、自民党が推薦した早稲田大学の長谷部恭男教授が、新たな安全保障関連法案について「従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかない」と明言し、他の2人の参考人も「違憲論」を唱えた。』
参考:与党参考人が安保法案「違憲」 “人選ミス”で異例の事態 野党「痛快」 憲法審査会

 

 憲法審査会は衆議院に置かれ、実際には衆議院法制局が推薦人を探し、それに対してゴーサインをしたということになります。法制局に中国などのスパイが入り込んで、自民党ははめられたというようなことを言う人がいましたが、衆議院法制局は、内閣法制局とは異なり、政府の有権解釈をすることもなく、国会においても各党それぞれの憲法観や憲法思想などもあり、それらを統一するわけでもありません。強いて言えば、議員立法自体も少ないですが、その議員立法の法律的な書き方や助言をすることを行います。そのため、同じ法制局といえども、内閣法制局とは権限がまったく異なる組織です。中国のスパイが入り込むというのであれば、何を目的としてその組織に入るのかということです。

 

 さて法制局についてはそのくらいとして、早稲田大学の長谷部恭男教授とはどんな人物かといえば、まず「憲法九条を世界遺産にしよう」と言っている爆笑問題の師匠のような人です。さらには現在の日本国憲法体制を創った宮沢俊儀門下の芦部信義の門下だった人物であり、芦部氏が亡くなったときの葬儀委員長を務めていました。いわば護憲派の中でも中枢にいるような人物です。

 

 長谷部教授と爆笑問題の共著については以下になります。
田中裕二・太田光と共著『みんなの憲法入門』(講談社(爆笑問題のニッポンの教養)、2008)

 

 ここで露呈したことは、自民党は憲法学会という存在についてよく理解していないこと、改憲においての牙城となる組織であり、その中の宮沢俊儀から始まる門下生の東大憲法学は、現在の日本国憲法の学説の中心として位置づけられている所になります。

 

 今回の一件では、現在の安倍政権において政権基盤が強いため、それが原因によって政権を追われることは薄いですが、このまま強硬に事を運ぶことになれば、「与党が呼んだ学者が違憲だと言っていたにもかかわらず強硬に法案を通した」と、色々な勢力からプロパガンダをする十分な口実になることになります。

 

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。


日考塾 所信 日考塾概要 お問い合わせ 参考文献