禁中並公家諸法度

 

一 天子諸芸能の事、第一に御学問なり。学ばずんば則ち古道に明らかならず。而して能く政太平を致す者未だ之有らざるなりとは、貞観政要(じょうがんせいよう)の明文なり。寛平の遺誡(かんぴょうのゆいかい)には経史を窮(きわ)めずといえども、群書治要(ぐんしょちよう)を誦習すべしと云々。和歌は光孝天皇より未だ絶えず、綺語(きご)たりといえども、我が国の習俗なり。棄て置くべからずと云々、「禁秘抄」(きんぴしょう)に載せる所は御習学専要に候事。

 

一 三公の下に親王。その故は右大臣不比等舎人親王の上に着く。殊に舎人親王、仲野親王は贈太政大臣、穂積親王は准右大臣、これ皆一品親王なり。以後大臣を贈らるる時は、三公の下勿論たるべき歟。親王の次は前官の大臣。三公在官の内は親王の上たりといえども辞表の後は次座たるべし。その次は諸親王、ただし儲君(ちょくん)は格別なり。前官の大臣、関白職再任の時は、摂家の内位次たるべき事。

 

一 清華の大臣辞表の後、座位は諸親王の次座たるべき事。

 

一 摂家たりといえども、その器用なき者は三公摂関に任ぜざるべからず。況(いわん)やその外をや。

 

一 器用の御仁体(にんたい)、老年に及ぶといえども、三公摂関の辞表有るべからず。但し辞表有るといえども再任有るべき事。

 

一 養子は連綿、但し同姓を用いらるべし。女縁者の家督相続、古今一切これなき事。

 

一 武家の官位は、公家当官の外たるべき事。

 

一 改元は漢朝の年号の内、吉例を以て相定むべし。但し重ねて習礼相熟(なじ)む者においては、本朝先規の作法たるべき事。

 

一 天子礼服、大袖、小袖、裳、御紋十二象、諸臣礼服各別、御袍、麹塵(きくじん)、青色、帛(はく)、生気(しょうげ)御袍、或御引直衣、御小直衣等之事、仙洞御袍、赤色橡(つるばみ)、或甘御衣、大臣袍、橡異文、小直衣、親王袍橡、小直衣、公卿着禁色雑袍、雖殿上人、大臣息或孫、聴着禁色雑袍、貫首、五位蔵人、六位蔵人着禁色、至極臈着麹塵袍、是申下御服之儀也、晴之時、雖下臈着之、袍色、四位以上橡、五位緋、地下赤衣、六位深緑、七位浅緑、八位深縹、初位浅縹、袍之紋、轡唐草輪無、家々以旧例着用之、任槐(にんかい)以後異文也、直衣、公卿禁色直衣、始或拝領、任先規着用之、殿上人直衣、羽林家之外不着之、雖殿上人、大臣息又孫、聴着禁色、直衣、直垂随所着用也、小袖、公卿衣冠時者着綾、殿上人不着綾、煉貫、羽林家三十六歳迄着之、此外不着之、紅梅、十六歳三月迄、諸家着之、此外平絹也、冠、十六未満透額、帷子、公卿従端午、殿上人従四月酉加茂祭、着用普通事

 

一 諸家昇進の次第は、その家々に旧例を守り申し上ぐべし。但し学問、有職、歌道の勤学を令す。その外奉公の労を積むにおいては、超越たりといえども、御推任御推叙なさるべく。下道真備(しもつみちのまきび)は従八位下といえども、才智の誉れ有るにより、右大臣を拝任す。尤(もっと)も規模なり。蛍雪の功棄捐(きえん)すべかざる事。

 

一 関白伝奏並びに奉行職事等申し渡す儀、堂上地下の輩相背くにおいては、流罪たるべき事。

 

一 罪の軽重は、名例律(みょうれいりつ)を守らるべき事。

 

一 摂家門跡は親王門跡の次座たるべし。摂家三公の時は親王の上たりといえども、前官大臣は次座相定む上はこれに准ずべし。但し皇子連枝の外の、門跡は親王宣下有るまじきなり。門跡の室の位はその仁体によるべし。先規を考えれば、法中の親王は希有(けう)の儀なり、近代繁多に及ぶが、その謂(いわれ)なし。摂家門跡、親王門跡の外、門跡は准門跡となすべき事。

 

一 僧正大正権、門跡、院家は先例を守るべし。平民に至りては器用卓抜の仁、希有にこれを任ずるといえども、准僧正たるべきなり。但し、国王大臣の師範は各別の事。

 

一 門跡は僧都大正少、法印、叙任の事。院家は僧都大正少権、律師、法印、法眼、先例から叙任するは勿論。但し、平人は本寺の推学の上、なお以て器用を相選び沙汰を申すべき事。

 

一 紫衣の寺は往持職、先規希有の事なり。近年猥りに勅許の事、且つは臈次(らっし)を乱し、且つは官寺を汚す甚だ然るべからず。向後においてはその器用を選び戒臘(かいろう)を相積み智者の聞こえ有れば、入院の儀申し沙汰有るべき事。

 

一 上人号の事、碩学の輩は本寺として正権の差別を撰び申し上げるにおいては、勅許なさるべし。但し、その仁体、仏法修行二十箇年に及ぶ者は正(しょう)たるべし、年序未満の者は権(ごん)たるべし。猥りに競望(きょうぼう)の儀これ有るにおいては流罪行わせらるべき事。

 

右可被相守此旨者也

 

  右、この旨相守らるべきものなり

 

慶長廿年乙卯七月日

 

昭  実(花 押)二条
秀  忠(花 押)
家  康(花 押)

 

  右公家法度は、末尾の数箇条宗教に関するを以て、ここに収めたり。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る