これを読めば簡単にわかる、法と法律の違いと法という意味

 

法と法律どっちがどういう意味なのかよくわからないと考えたことはありませんか。

 

なんとなくわかっているけどわからなかった法と法律の違いや、そもそも法の意味や本質についてもご紹介していきます。

 

 

 

 

法とは

法の定義

法とは何か、それをお話しする前にまず、法と法律の言葉の違いについてお話します。

 

まず法とは、「しなければならないこと」、「できること」を表す法規範のすべてをいいます。

 

それに対して法律とは、一定の手続によって定められた具体的な法規範をいいます。

 

つまり法律よりも法の方が、上位の概念になります。

 

それでは法とは何かといえば、社会心意において人類の利益のために破らない方がいいものとして認識される社会生活上の意思の規律です。社会心意とは、社会の一般人の心理を支配する社会力をいいます。

 

そして法が意思の規律というのは、法が人類の意思の発動を支配し、その向かうべき標準を示すものであることを意味します。
また法は行為の準則であり、その行為は意思の外に現れることで始めて法の規律するところとなります。

 

ようは、何かの行為をすることで、法に触れるということです。

 

法の本質

法は、社会生活を存立の前提としています。
そして人類相互間の意思の交渉に関する規律であり、標準を示すものとなります。

 

人類の意思を規律するには、二つあります。
制限的規律と能力的規律です。

 

制限的規律とは、意思の発動を制限してなすべきことをいいます。
つまり「しなければならない」を定めます。これに対する違反は違法行為となります。

 

能力的規律とは、意思の発動に自然には存在しない力を与えまたは否定するものをいいます。
つまり「できること」を定めます。これに対する違反は無効行為となります。

 

この二つの中間には法の規律がない区域があります。これは各々が望むところにしたがって活動することが出来ます。
つまり「してもよい」の範囲となります。

 

何をもって法というのか

法が成立するのは、様々あります。

 

例えば、
立法権者の制定による場合
事実上の慣習による場合
裁判所の判決による場合
行政官の行為による場合
社会の正義意識による場合
です。

 

それらは直接の発生原因を問うものではありません。
法は、常に社会心意においてこれを破らない方がいい規律として認識することによってその成立の根拠となります。

 

法がなぜ存在するのかといえば、人類の利益のためです。
利益というのは必ずしも物質的または経済的な利益を意味するものではなく、満足感を起こすべき状態をいいます。

 

人類の利益には、その帰属する場によって、個人の利益、国の利益、社会的利益の三種に分けることになります。
法はこれらのすべてを保護するために存在するものであり、相互の衝突を調和し、各々を保つことが法の主たる目的として存在します。

 

 

法規範について

法規範

これまでは、法についてお話しました。

 

実は社会生活上の意思の規律をするものは法だけではなく、道徳、宗教、慣習、習慣などがあります。
これらは、「こうあるべきである」を定める行為規範であり、それぞれ道徳規範、宗教規範、習俗規範といいます。

 

例えば日常の挨拶は、「しなければならない」ものではなく、「すべきこと」となり、挨拶をしなかったことによって罰せられることはありませんが、慣行として行っていることですので、した方がいいものとなります。

 

道徳規範との違い

道徳規範とは何かといえば、人に親切にすることや家族は仲良くすることなどが道徳となります。

 

では法規範と道徳規範はどう違うのかといえば、
法であれば、外部に現れない心の働きは縛られません。
逆をいえば心の中では何を考えてもいいことになります。

 

それに対して道徳は、内部の心の働きまでも縛られるものとなります。

 

そのため法規範とは、社会生活上必ず従わなければならないとする規範です。
道徳規範は、法規範に反して従うのが最善であるという規範です。

 

法律的意識について

法規範は、社会生活上必ず従わなければならないとする規範ですが、その意識について著しいものが三つあります。

 

第一に服従心です。
 国家の権力に服従しなければならないという法の権力的要素です。

 

第二に習慣性及び模倣性です。
 社会生活における種々の法則の大部分は習慣及び模倣によって生じ、法律上の法則もまた同じです。

 

第三に正義心です。
 国家は正義の擁護者として、また公益の保護者として社会の正義を維持し、公益をまっとうするために法律を作りますので、正義に反し公益を害するような法律は本来あるべきではないということです。

 

以上の要素が合わさって法律的意識が成立するもので、それによって法が成立し維持されます。

 

 

法の種類

法律意識の生じる原因として制定法、慣習法、理法の三種があります。

 

制定法

一つ目は、制定法です。
 国家が一定の手続をもって法令を定めるものをいいます。これは、現在国会で定められている法律や条例などを指します。

 

慣習法

二つ目は、慣習法です。
 非制定法であり、長い間事実上慣習として行われてきたものが法としての力を有します。慣習法の中には、政治的慣習、判例的慣習、商慣習などがあります。

 

 政治的慣習は、日本の憲政において第一党の党首が内閣総理大臣であり、仮に失政した場合にはそこで解散総選挙を実施し、第二党が第一党になった場合にその党首が内閣総理大臣になるという憲政の常道が政治的慣習といえます。

 

日本国憲法第65条として明文化されていますが、戦前は慣習法として定着していた時期がありました。

 

 判例的慣習は、裁判所の判決令が先例となったものです。

 

 商慣習は、居酒屋のお通しはいわば商慣習といえます。

 

理法

三つ目は、理法です。
 これは人の道理において、「こうあらねばならない」と意識している法則です。現在では成文法もなく慣習法もない場合においての判決において、条理に基づいて裁く場合がありますが、これは正義心の要求するところに従っています。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

法と法律の違いから始まり、法の意味や本質、法規範とその他の規範、法の種類についてお話してきました。

 

この記事を参考に知識を深めてみて下さい。

 

 

この記事のおすすめ本

憲法撮要 復刻版 オンデマンド版(本/雑誌)(単行本・ムック)(美濃部 達吉)

法における常識(岩波文庫)(ポール・ガヴリロヴィチ・ヴィノグラドフ)

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る