内閣法制局が作り上げた政府解釈

 

日本国憲法

はじめに

 

日本国憲法が改正されない現状であれば、解釈権を持つ官庁が実質の権限として強くなります。
その官庁は、内閣法制局といいます。

 

ここでは、内閣法制局が作り上げた政府解釈をご紹介します。

 

 


 

内閣法制局が作り上げた「天皇」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた「戦争放棄」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた「内閣」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた「国会」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた「地方自治」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた「様々な法律」に関する政府解釈

内閣法制局が作り上げた政府解釈記事一覧

この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る