公式令(くしきりょう)抜粋

 

はじめに

 

公式令(くしきりょう)の抜粋です。

 

 

 

詔書式条

 

詔書式
明神(あらみかみ)と御宇(あめのした)しらす日本(ひのもと)の天皇(すべら)が詔旨(おおんごと)らまと云々。
咸(ことごと)くに聞きたまへ。
明神と御宇しらす天皇が詔旨らまと云々。
咸くに聞きたまへ。
明神と御大八州(おおやしまのくに)しらす天皇が詔旨らまと云々。
咸くに聞きたまへ。
天皇が詔旨らまと云々。
咸くに聞きたまへ。
詔旨らまと云々。
咸くに聞きたまへ。
  年 月 御(ご)、日(にち)畫(か)いたまふ。
  中 務 卿 位 臣 姓 名が宣(せん)
  中 務 大 輔 位 臣 姓 名が奉(ぶう)
  中 務 少 輔 位 臣 姓 名が行(ぎょう)
太政大臣位臣姓
左大臣位臣姓
右大臣位臣姓
大納言位臣姓名等(ら)言(もう)すこと。
詔書らま右の如し。
請(うけたまわ)らくは詔(じょう)を奉りて、外(げ)に付(さず)けて施行(せぎょう)せむと。
謹(かしこ)み言(もう)す。
  年 月 日
  可。御、畫いたまふ。
右は、御画日(ごえにち)をば、中務省に留めて案と為よ。別に一通写して印署して、太政官に送れ。大納言覆奏せよ。可画きたまふこと訖(おわ)りなば、留めて案と為よ。更に一通写して誥(こう)せよ。訖らば施行せよ。中務卿若し在らずは、即ち大輔の姓名の下に宣注(しる)せ。少輔の姓名の下に奉行注せ。大輔又在らすは、少輔の姓名の下に、併せて宣奉行注せ。若し少輔在らずは、余官の見(げん)に在らむ者、並に此れに准へよ。

 

勅旨式条

 

勅旨云々。
  年 月 日
  中 務 卿 位 姓 名
  大 輔 位 姓 名
  少 輔 位 姓 名

 

勅旨奉れること右の如し。
符(ふ)到らば、奉り行へ。
  年 月 日  史 位 姓 名
  大 弁 位 姓 名
  中 弁 位 姓 名
  少 弁 位 姓 名
右は、勅受(うけたまわ)る人、中務省に宣(のた)び送れ。中務覆奏せよ。訖りなば式に依りて署取れ。留めて案と為よ。更に一通写して太政官に送れ。少弁以上、式に依りて連署せよ。留めて案と為よ。更に一通写して施行せよ。其れ勅に五衛(ごえ)及び兵庫(ひょうご)の事処分せむは、本司覆奏為よ。皇太子の監国(けんごく)(皇太子が留守番をすること)せむも、亦此の式に准へよ。令を以て勅に代へよ。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る