元老院議長有栖川宮熾仁親王へ国憲起草を命ずるの勅語

 

明治九年九月六日

 

朕ここにわが建国の体に基づき広く海外各国を成法を斟酌してもって国憲を定めんとすなんじら、これが草案を起創しもってきこしめせよ。朕、まさにこれを撰ばんとす

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る