日本国憲法の法体系

 

日本国憲法

はじめに

 

日本国憲法は、日本国憲法を頂点としてその下位法として成文化された憲法附属法があります。
ここでは、日本国憲法やその下位法である憲法附属法の法体系をご紹介します。

 

 


 

日本国憲法

憲法附属法

 
 

日本国憲法の改正試案と改正に関わる提言

日本国憲法の法体系記事一覧

日本国憲法
国事行為の臨時代行に関する法律

昭和三十九年五月二十日法律第八十三号(趣旨)第一条 日本国憲法第四条第二項の規定に基づく天皇の国事に関する行為の委任による臨時代行については、この法律の定めるところによる。(委任による臨時代行)第二条 天皇は、精神若しくは身体の疾患又は事故があるときは、摂政を置くべき場合を除き、内閣の助言と承認により、国事に関する行為を皇室典範(昭和二十二年法律第三号)第十七条の規定により摂政となる順位にあたる皇...

Read More
日本国憲法
国民投票法改正案7党共同提出で合意

平成26年4月3日 わが党と公明党、民主党、日本維新の会、みんなの党、結いの党、生活の党は4月3日、国会内で会談し、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案を8日に共同提出することで合意しました。また、衆院に議席がない新党改革も会談に出席し、参院審議で改正案に賛成する方針を表明しました。 同法改正案は投票権年齢を施行から4年後に「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることなどが柱です。船田元本...

Read More
日本国憲法
日本国憲法第9条の改正について 石破茂私案

平成30年2月23日衆議院議員 石破 茂自民党 日本国憲法改正草案(平成24年)第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る