教育に関する勅語

 

朕(ちん)惟(おも)ふに我(わ)が皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)國(くに)を肇(はじ)むること宏遠(こうえん)にコ(とく)を樹(た)つること深厚(しんこう)なり我(わ)が臣民(しんみん)克(よ)く忠(ちゅう)に克(よ)く孝(こう)に億兆(おくちょう)心(こころ)を一(いつ)にして世(よ)世(よ)厥(そ)の美(び)を濟(な)せるは此(こ)れ我(わ)が國體(こくたい)の精華(せいか)にして教育(きょういく)の淵源(えんげん)亦(また)實(じつ)に此(ここ)に存(そん)す爾(なんじ)臣民(しんみん)父母(ふぼ)に孝(こう)に兄弟(けいてい)に友(ゆう)に夫婦(ふうふ)相(あい)和(わ)し朋友(ほうゆう)相(あい)信(しん)し恭儉(きょうけん)己(おの)れを持(じ)し博愛(はくあい)衆(しゅう)に及(およ)ほし學(がく)を修(おさ)め業(ぎょう)を習(なら)ひ以(もっ)て智能(ちのう)を啓發(けいはつ)しコ噐(とくき)を成就(じょうじゅ)し進(すすん)て公益(こうえき)を廣(ひろ)め世務(せいむ)を開(ひら)き常(つね)に國憲(こくけん)を重(おもん)し國法(こくほう)に遵(したが)ひ一旦(いったん)緩急(かんきゅう)あれは義勇(ぎゆう)公(こう)に奉(ほう)し以(もっ)て天壤(てんじょう)無窮(むきゅう)の皇運(こううん)を扶翼(ふよく)すへし是(かく)の如(ごと)きは獨(ひと)り朕(ちん)か忠良(ちゅうりょう)の臣民(しんみん)たるのみならす又(また)以(もっ)て爾(なんじ)祖先(そせん)の遺風(いふう)を顯彰(けんしょう)するに足(た)らん斯(こ)の道(みち)は實(じつ)に我(わ)か皇祖(こうそ)皇宗(こうそう)の遺訓(いくん)にして子孫(しそん)臣民(しんみん)の倶(とも)に遵守(じゅんしゅ)すへき所(ところ)之(これ)を古今(ここん)に通(つう)して謬(あやま)らす之(これ)を中外(ちゅうがい)に施(ほどこ)して悖(もと)らす朕(ちん)爾(なんじ)臣民(しんみん)と倶(とも)に拳拳(けんけん)服膺(ふくよう)して咸(みな)其(その)コ(とく)を一(いつ)にせんことを庶(こい)幾(ねが)ふ
 明治二十三年十月三十日
 睦仁 御名御璽

 

口語文訳

 私は、私達の祖先が、遠大な理想の下に、道義国家の実現を目指して、日本の国を御始めになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果を上げて参りましたことは、もとより日本の優れた国柄の賜物と言わねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
 国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、更に一層明らかにすることでもあります。
 このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

 

教育勅語の十二の徳目

孝行(こうこう) 親に孝養を尽くしましょう
友愛(ゆうあい) 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦(ふうふ)の和(わ) 夫婦はいつも仲睦まじくしましょう
朋友(ほうゆう)の信(しん) 友達はお互いに信じ合って付き合いましょう
謙遜(けんそん) 自分の言動をつつしみましょう
博愛(はくあい) 広く全ての人に愛の手を差し伸べましょう
修学(しゅうがく)習業(しゅうぎょう) 勉学に励み職業を身につけましょう
智能(ちのう)啓発(けいはつ) 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器(とくき)成就(じょうじゅ) 人格の向上に努めましょう
公益(こうえき)世務(せいむ) 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法(じゅんぽう) 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇(ぎゆう) 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう
 

教育勅語等排除に関する決議

 

昭和二十三年六月十九日衆議院決議

 

民主平和国家として世界史的建設途上にあるわが国の現実は、その精神内容において未だ決定的な民主化を確認するを得ないのは遺憾である。これが徹底に最も緊要なことは教育基本法に則り、教育の革新と振興とをはかることにある。しかるに既に過去の文書となつている教育勅語並びに陸海軍軍人に賜わりたる勅諭その他の教育に関する諸詔勅が、今日もなお国民道徳の指導原理としての性格を持続しているかの如く誤解されるのは、従来の行政上の措置が不十分であつたがためである。
思うに、これらの詔勅の根本的理念が主権在君並びに神話的国体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ国際信義に対して疑点を残すもととなる。よつて憲法第九十八条の本旨に従い、ここに衆議院は院議を以て、これらの詔勅を排除し、その指導原理的性格を認めないことを宣言する。政府は直ちにこれらの謄本を回収し、排除の措置を完了すべきである。
右決議する。

 

教育勅語等の失効確認に関する決議

 

昭和二十三年六月十九日参議院決議

 

われらは、さきに日本国憲法の人類普遍の原理に則り、教育基本法を制定して、わが国家及びわが民族を中心とする教育の誤りを徹底的に払拭し、真理と平和とを希求する人間を育成する民主主義的教育理念をおごそかに宣明した。その結果として、教育勅語は、軍人に賜はりたる勅諭、戊申詔書、青少年学徒に賜はりたる勅語その他の諸詔勅とともに、既に廃止せられその効力を失つている。
しかし教育勅語等が、あるいは従来の如き効力を今日なお保有するかの疑いを懐く者あるをおもんばかり、われらはとくに、それらが既に効力を失つている事実を明確にするとともに、政府をして教育勅語その他の諸詔勅の謄本をもれなく回収せしめる。
われらはここに、教育の真の権威の確立と国民道徳の振興のために、全国民が一致して教育基本法の明示する新教育理念の普及徹底に努力をいたすぺきことを期する。
右決議する。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る