官僚

 

はじめに

 

ここでは、官僚をご紹介します。

 

このページの目次

 

 

官邸官僚

検察庁

官僚

官僚記事一覧

官邸
警察出身で官僚トップの官房副長官、杉田和博氏

中曽根内閣の後藤田正晴官房長官の秘書官となったのが官邸との関りの始まりです。地下鉄サリン事件が起きた1995年3月当時は警察庁警備局長を務めていました。その後小泉政権時代に内閣危機管理監を務め、北朝鮮問題に精通しています。杉田 和博(すぎた かずひろ)氏 経歴年役職昭和41(1966)年東京大学法学部卒業警察庁入庁昭和52(1977)年外務省在フランス日本国大使館一等書記官昭和55(1980)年警...

Read More
官邸
経済産業省出身で第2次安倍内閣における首相秘書官、今井尚哉氏

第1次安倍政権時に首相秘書官として仕え、政権が倒れて失意のどん底にあった前首相との山登りにも付き合うという逸話があります。第2次安倍政権では、首席相秘書官として首相の分身として行動します。この源流は、橋本内閣時代の行政改革が官邸官僚の原点となります。新型コロナウィルス感染症対策においては、マスク2枚の世帯配布などを推し進めました。今井 尚哉(いまい たかや)氏 経歴年役職昭和57(1982)年東京...

Read More
官邸
経済産業省出身で第2次安倍内閣で働き方改革を推進した「将軍」、新原浩朗氏

第2次安倍政権で内閣府政策統括官(経済財政運営担当)を務めますが、その後本省に戻り局長へ昇進しています。第2次安倍政権で「全世代型社会保障検討会議」の仕切り役となって、働き方改革を推し進めました。新原 浩朗(にいはら ひろあき)氏 経歴年役職昭和59(1984)年東京大学経済学部卒業通商産業省入省平成19(2007)年経済産業省政策局産業組織課長平成22(2010)年内閣官房内閣総理大臣秘書官平成...

Read More
官邸
国土交通省出身で第2次安倍内閣の首相補佐官、和泉洋人氏

第2次安倍政権で国土強靭化や地方創生、医療に関する成長戦略に関わる首相補佐官を務めています。和泉 洋人(いずみ ひろと)氏 経歴年役職昭和51(1976)年東京大学工学部卒業建設省入省平成10(1998)年建設省住宅局住宅生産課長平成13(2001)年国土交通省住宅局住宅総合整備課長平成14(2002)年内閣官房都市再生本部事務局次長平成16(2004)年国土交通省大臣官房審議官(住宅局担当)平成...

Read More
官邸
警察出身で危機管理のプロ、高橋清孝氏

前任の警視総監の高綱直良氏は昭和56(1981)年入庁で、現行警察法が施行された54年以降、年次が逆転して警視総監に就くのは初めてでした。警備部門の経験が長く、北海道警察本部長時代に洞爺湖サミットの警備を指揮していました。高橋 清孝(たかはし きよたか)氏 経歴年役職昭和55(1980)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成19(2007)年北海道警察本部長平成20(2008)年警視庁警備部長平成21...

Read More
官邸
警察出身で警察庁警備部門経験が長い、沖田芳樹氏

警備部門の経験が長く、警察庁警備局長時代に伊勢志摩サミット、オバマ米大統領広島訪問の警備を指揮していました。沖田 芳樹(おきた よしき)氏 経歴年役職昭和56(1981)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成10(1998)年警視庁警備部警備第一課長平成11(1999)年警視庁第一方面本部長兼警務部参事官平成13(2001)年愛知県警察本部警務部長平成15(2003)年警察庁長官官房国家公安委員会会務...

Read More
官邸
警察出身でテロ対策のプロフェッショナル、瀧澤裕昭氏

瀧澤 裕昭(たきざわ ひろあき)氏 経歴年役職昭和57(1982)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成5(1993)年国際刑事警察機構事務総局平成11(1999)年警察庁長官官房国際部国際第一課理事官平成13(2001)年警察庁刑事局暴力団対策部企業対象暴力排除対策官平成14(2002)年警察庁警備局外事課国際テロ対策室長平成15(2003)年警察庁警備局外事課国際テロ対策室長兼国際刑事警察機構執行...

Read More
官邸
警察出身で公安警察としての実績が多い、石川正一郎氏

石川事務局長は、公安警察としての実績が多い。石川 正一郎(いしかわ しょういちろう)氏 経歴年役職昭和56(1981)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成3(1991)年在連合王国日本国大使館一等書記官平成6(1994)年警察庁刑事局暴力団対策部暴力団対策第二課理事官 警視正平成7(1995)年警察庁警備局警備企画課理事官平成9(1997)年警視庁公安部公安総務課長平成10(1998)年警察庁長官官...

Read More
官邸
外務官僚の初代国家安全保障局長、谷内正太郎氏

谷内氏は、外務事務次官になった際の会見で、「凜とした志のある外交を目指したい」という基本姿勢を持つ人物です。そして国家安全保障会議(NSC)の事務局である国家安全保障局の初代局長に任命されることになりました。谷内 正太郎(やち しょうたろう)氏 経歴年役職昭和44(1969)年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了外務省入省昭和60(1985)年外務省条約局法規課長昭和62(1987)年在アメ...

Read More
官邸
警察出身で第2次安倍内閣でインテリジェンスを強化した、北村滋氏

小泉政権時代の2004年8月に、警察庁警備局外事情報部外事課長に就任しました。北朝鮮の拉致問題に取り組んでおり、この頃安倍内閣官房副長官が頼っていたのは、北村課長でした。第2次安倍内閣では、内閣情報官そして2代目の国家安全保障局長に就任しています。北村 滋(きたむら しげる)氏 経歴年役職昭和55(1980)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成元(1989)年警視庁本富士警察署長平成4(1992)年...

Read More
官邸
経済産業省出身で経済安保のプロ、藤井敏彦氏

国家安全保障局に設置された経済班の班長に就任しました。藤井 敏彦(ふじい としひこ)氏 経歴年役職昭和62(1987)年東京大学経済学部卒業通商産業省入省平成6(1994)年ワシントン大学経営学(MBA)修士取得平成12(2000)年在欧日系ビジネス協議会事務局長平成16(2004)年経済産業省貿易経済協力局特殊関税等調査室長平成19(2007)年経済産業省通商政策局通商機構部参事官(ルール担当)...

Read More
官邸
内閣官房に設置された内閣衛星情報センター

防衛省情報本部の本部長経験者が、内閣官房にある内閣衛星情報センター長に就任しています。歴代情報本部長代氏名階級在職期間後職初代國見 昌宏くにみ まさひろ陸将1997(平成9)年1月20日〜1999(平成11)年12月10日退職内閣衛星情報センター所長第2代野中 光男のなか みつお陸将1999(平成11)年12月10日〜2001(平成13)年12月2日東北方面総監第3代太田 文雄おおた ふみお海将2...

Read More
官邸
防衛省出身で情報収集衛星を担当する、宮川正氏

宮川 正(みやがわ ただし)氏 経歴年役職昭和57(1982)年日本大学法学部卒業一般幹部候補生(U幹部)として航空自衛隊入隊(防衛大学校26期相当)昭和58(1983)年航空自衛隊三等空尉平成8(1996)年航空自衛隊二等空佐平成11(1999)年航空自衛隊一等空佐、在アメリカ合衆国日本国大使館防衛駐在官平成14(2002)年航空幕僚監部防衛課平成15(2003)年航空幕僚監部装備体系課装備体系...

Read More
検察庁
検察庁出身で黒川検事長定年延長問題の当事者だった、稲田伸夫氏

稲田 伸夫(いなだ のぶお)氏 経歴年役職昭和54(1979)年第33期司法修習生昭和56(1981)年検事任官昭和58(1983)年法務省刑事局昭和60(1985)年水戸地方検察庁昭和61(1986)年東京高等検察庁平成20(2008)年山形地方検察庁検事正法務省大臣官房長平成23(2011)年法務省刑事局長平成26(2014)年法務省事務次官平成28(2016)年仙台高等検察庁検事長平成29(...

Read More
検察庁
政権を揺るがす政局となった黒川検事長の定年延長問題、その問題点はどこか

はじめに稲田検事総長の次の検事総長の候補として黒川東京高検検事長、そして林名古屋高検検事長の2人がいます。そこへ、黒川検事長の任期を半年間延長する閣議決定を行い、安倍政権が検察人事の介入をしました。ここでは、黒川検事長の定年延長問題、その問題点についてご紹介します。

Read More
宮内庁
警察出身の宮内庁長官、西村泰彦氏

警備部門の経験が長く、沖縄県警察本部長時代に沖縄サミットの警備を指揮していました。宮内庁次長であった山本信一郎の宮内庁長官への昇任に伴い、宮内庁次長への異例の人事異動(警察官僚が就くのは22年ぶり)となりました。西村 泰彦(にしむら やすひこ)氏 経歴年役職昭和54(1979)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成11(1999)年沖縄県警察本部長平成13(2001)年警察庁警備局警備課長平成15(2...

Read More
外務省
外務省出身で現代の日英同盟推進の立役者、鶴岡公二氏

鶴岡 公二(つるおか こうじ)氏 経歴年役職昭和51(1976)年東京大学法学部卒業外務省入省昭和53(1978)年アメリカハーバード大学法科大学院修士修了昭和54(1979)年外務省アジア局南西アジア課昭和57(1982)年外務省条約局条約課長補佐昭和61(1986)年在ソビエト連邦大使館一等書記官平成元(1989)年在米国大使館一等書記官平成3(1991)年外務省経済局国際機関第一課企画官(ウ...

Read More
外務省
外務省出身で中東情勢に明るい北朝鮮担当者だった、金井正彰氏

中東情勢に明るい、金井中東第2課長が北朝鮮や韓国を担当する北東アジア課長に就任した時期がありました。北朝鮮は、イラン、シリアと協力関係にあり、引いては中国、ロシアのネットワークに中東情勢に明るい金井氏が就任したことで中東情勢を視野に入れた拉致問題交渉をすることが出来ました。金井 正彰(かない まさあき)氏 経歴年役職平成4(1992)年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業外務省入省平成25(2013)...

Read More
警察庁
警察庁出身で沖縄に国境離島警備隊を新設した、宮沢忠孝氏

尖閣諸島(沖縄県石垣市)など国境に位置する離島への不法上陸事案に対処するため、沖縄県警が国境離島警備隊を新設します離島警備にあたる専門部隊の設置は日本の警察で初めてでした。宮沢 忠孝(みやざわ ただたか)氏 経歴年役職平成3(1991)年東京大学法学部卒業警察庁入庁平成6(1994)年鳥取県警察本部警備第一課長平成7(1995)年愛知県警察本部外事課長平成8(1996)年愛知県警察本部公安第一課長...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る