経済産業省出身で経済安保のプロ、藤井敏彦氏

 

官邸

国家安全保障局に設置された経済班の班長に就任しました。

 

藤井 敏彦(ふじい としひこ)氏 経歴

役職
昭和62(1987)年 東京大学経済学部卒業

通商産業省入省

平成6(1994)年 ワシントン大学経営学(MBA)修士取得
平成12(2000)年 在欧日系ビジネス協議会事務局長
平成16(2004)年 経済産業省貿易経済協力局特殊関税等調査室長
平成19(2007)年 経済産業省通商政策局通商機構部参事官(ルール担当)兼国際経済紛争対策室長
平成22(2010)年 経済産業省通商政策局通商機構部総括参事官
平成24(2012)年 資源エネルギー庁エネルギー交渉官
平成25(2013)年 経済産業省通商政策局通商政策課長
平成26(2014)年 資源エネルギー庁国際資源エネルギー戦略統括調整官
平成27(2015)年 資源エネルギー庁資源・燃料部長
平成28(2016)年 関東経済産業局長
平成29(2017)年 防衛装備庁長官官房審議官
平成30(2019)年 経済産業省大臣官房審議官(製造産業局担当)兼大臣官房首席通商政策統括調整官

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る