警察出身で公安警察としての実績が多い、石川正一郎氏

 

官邸

石川事務局長は、公安警察としての実績が多い。

 

石川 正一郎(いしかわ しょういちろう)氏 経歴

役職
昭和56(1981)年 東京大学法学部卒業

警察庁入庁

平成3(1991)年 在連合王国日本国大使館一等書記官
平成6(1994)年 警察庁刑事局暴力団対策部暴力団対策第二課理事官 警視正
平成7(1995)年 警察庁警備局警備企画課理事官
平成9(1997)年 警視庁公安部公安総務課長
平成10(1998)年 警察庁長官官房人事課企画官
平成11(1999)年 警視庁警務部参事官・人事第一課長事務取扱
平成13(2001)年 警察庁長官官房参事官(教養担当)
平成15(2003)年 秋田県警察本部長 警視長
平成17(2005)年 警察庁長官官房参事官

警察庁警備局公安課長

平成19(2007)年 警察庁警備局警備企画課長
平成21(2009)年 栃木県警察本部長 警視監
平成23(2011)年 警視庁公安部長
平成25(2013)年 神奈川県警察本部長
平成26(2014)年 内閣官房副長官補付内閣審議官(内閣官房拉致問題対策本部事務局長)

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る