外務省出身で中東情勢に明るい北朝鮮担当者だった、金井正彰氏

 

外務省

中東情勢に明るい、金井中東第2課長が北朝鮮や韓国を担当する北東アジア課長に就任した時期がありました。
北朝鮮は、イラン、シリアと協力関係にあり、引いては中国、ロシアのネットワークに中東情勢に明るい金井氏が就任したことで中東情勢を視野に入れた拉致問題交渉をすることが出来ました。

 

金井 正彰(かない まさあき)氏 経歴

役職
平成4(1992)年 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業

外務省入省

平成25(2013)年 外務省中東アフリカ局中東第二課長
平成27(2015)年 外務省アジア大洋州局北東アジア課長
平成30(2018)年 外務省アジア大洋州局北東アジア第二課長
令和元(2019)年 外務省大臣官房人事課長

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る