防衛省出身で情報収集衛星を担当する、宮川正氏

 

官邸

宮川 正(みやがわ ただし)氏 経歴

役職
昭和57(1982)年 日本大学法学部卒業

一般幹部候補生(U幹部)として航空自衛隊入隊(防衛大学校26期相当)

昭和58(1983)年 航空自衛隊三等空尉
平成8(1996)年 航空自衛隊二等空佐
平成11(1999)年 航空自衛隊一等空佐、在アメリカ合衆国日本国大使館防衛駐在官
平成14(2002)年 航空幕僚監部防衛課
平成15(2003)年 航空幕僚監部装備体系課装備体系第1班長
平成16(2004)年 航空総隊北部航空方面隊第2航空団飛行群司令
平成17(2005)年 統合幕僚会議事務局第3幕僚室企画官兼運用第1班長兼防衛庁運用局運用課
平成18(2006)年 統合幕僚監部運用部運用第1課長兼防衛庁運用局運用課
平成19(2007)年 航空自衛隊空将補、航空幕僚監部防衛部(次期戦闘機企画室長)
平成21(2008)年 航空総隊南西航空方面隊第83航空隊司令兼那覇基地司令

航空幕僚監部運用支援・情報部長

平成24(2012)年 航空幕僚監部人事教育部長
平成25(2013)年 航空自衛隊空将(防大26期1選抜)、航空総隊西部航空方面隊司令官
平成26(2014)年 第8代情報本部長
平成29(2017)年 退官
平成30(2018)年 内閣情報調査室内閣衛星情報センター所長

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る