警察出身の宮内庁長官、西村泰彦氏

 

宮内庁

警備部門の経験が長く、沖縄県警察本部長時代に沖縄サミットの警備を指揮していました。

 

宮内庁次長であった山本信一郎の宮内庁長官への昇任に伴い、宮内庁次長への異例の人事異動(警察官僚が就くのは22年ぶり)となりました。

 

西村 泰彦(にしむら やすひこ)氏 経歴

役職
昭和54(1979)年 東京大学法学部卒業

警察庁入庁

平成11(1999)年 沖縄県警察本部長
平成13(2001)年 警察庁警備局警備課長
平成15(2003)年 警察庁長官官房会計課長
平成18(2006)年 警視庁警備部長
平成20(2008)年 警察大学校副校長兼警察庁長官官房審議官(刑事局・取調べ適正化担当)
平成21(2009)年 警察大学校副校長兼警察庁長官官房審議官(刑事局担当)兼生活安全局付
平成22(2010)年 警察庁警備局長
平成25(2013)年 警視総監
平成26(2014)年 退官

内閣危機管理監

平成28(2016)年 宮内庁次長
令和元(2019)年 宮内庁長官

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る