警察出身で官僚トップの官房副長官、杉田和博氏

 

官邸

中曽根内閣の後藤田正晴官房長官の秘書官となったのが官邸との関りの始まりです。

 

地下鉄サリン事件が起きた1995年3月当時は警察庁警備局長を務めていました。
その後小泉政権時代に内閣危機管理監を務め、北朝鮮問題に精通しています。

 

杉田 和博(すぎた かずひろ)氏 経歴

役職
昭和41(1966)年 東京大学法学部卒業

警察庁入庁

昭和52(1977)年 外務省在フランス日本国大使館一等書記官
昭和55(1980)年 警察庁警備局外事課理事官
昭和56(1981)年 警視庁警備部警備第一課長
昭和58(1983)年 内閣官房長官秘書官事務取扱
昭和60(1985)年 警視庁第一方面本部長
昭和61(1986)年 鳥取県警察本部長
昭和63(1988)年 警察庁警備局外事課長
平成元(1989)年 警察庁警備局公安第一課長
平成3(1991)年 警察庁警務局人事課長
平成4(1992)年 警察庁長官官房総務審議官
平成5(1993)年 神奈川県警察本部長
平成6(1994)年 警察庁警備局長
平成9(1997)年 内閣官房内閣情報調査室長
平成13(2001)年 内閣情報官

内閣危機管理監

平成16(2004)年 退官
平成17(2005)年 財団法人世界政経調査会会長
平成24(2012)年 内閣官房副長官(事務担当)
平成29(2017)年 内閣人事局長兼務

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る