警察出身でテロ対策のプロフェッショナル、瀧澤裕昭氏

 

官邸

瀧澤 裕昭(たきざわ ひろあき)氏 経歴

役職
昭和57(1982)年 東京大学法学部卒業

警察庁入庁

平成5(1993)年 国際刑事警察機構事務総局
平成11(1999)年 警察庁長官官房国際部国際第一課理事官
平成13(2001)年 警察庁刑事局暴力団対策部企業対象暴力排除対策官
平成14(2002)年 警察庁警備局外事課国際テロ対策室長
平成15(2003)年 警察庁警備局外事課国際テロ対策室長兼国際刑事警察機構執行委員(平成18年9月まで)
平成16(2004)年 警察庁刑事局組織犯罪対策部国際捜査管理官
平成18(2006)年 内閣官房内閣参事官(内閣情報調査室)
平成20(2008)年 警察庁警備局外事情報部外事課長
平成21(2009)年 岐阜県警察本部長
平成23(2011)年 内閣官房内閣審議官(内閣情報調査室(内閣情報分析官))
平成21(2009)年 栃木県警察本部長 警視監
平成23(2011)年 警視庁公安部長
平成25(2013)年 警察庁警備局外事情報部長
平成27(2015)年 内閣官房内閣審議官(内閣情報調査室)

兼内閣官房国際テロ情報集約室次長兼外務省大臣官房審議官

平成28(2016)年 内閣官房内閣審議官(内閣情報調査室)兼内閣官房国際テロ情報集約室次長兼外務省大臣官房審議官兼内閣官房国際テロ情報集約室情報収集統括官
令和元(2019)年 内閣情報官

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る