バチカンとの外交に関するピックアップニュース

 

はじめに

 

ここでは、バチカンとの外交に関するピックアップニュースをご紹介します。

 

 

 

バチカンと中国

 
日付 要旨
令和2(2020)年

10月01日

ローマ教皇、ポンペオ米国務長官との会談を拒否 中国めぐり摩擦も

キリスト教カトリック教会のローマ教皇庁(ヴァチカン)は9月30日、教皇フランシスコ1世はイタリアを訪問中のマイク・ポンペオ米国務長官とは会見しないと発表した。

 

ヴァチカンは、教皇は選挙期間中の政治家の訪問を受けないと説明している。

 

ポンペオ国務長官は先に、中国とカトリック教会の関係を非難する発言をしており、ヴァチカンとアメリカの外交関係において緊張が高まっている。

 

ポンペオ長官は9月初めに出た記事で、ヴァチカンが中国国内での司教任命をめぐる合意を更新する意向を示したことについて、教会の「倫理的権威」を脅かすものだと批判した。

 

一方のヴァチカンは、ポンペオ長官が11月の大統領選で有権者を引き付けるために一連の問題を利用していると批判している。

 

出典はこちら

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る