中国軍に関するピックアップニュース

 

はじめに

 

ここでは、中国軍に関するピックアップニュースをご紹介します。

 

 

 

ミサイル技術

 
日付 要旨
令和2(2020)年

10月19日

中国、極超音速ミサイルを実戦配備、台湾や米空母打撃群などを狙う

中国当局は台湾などに対する軍事的な威嚇をますます強めている。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は10月18日、中国当局の情報筋の話として、中国軍は、台湾を目標として、最新の極超音速滑空ミサイル「東風17(DF−17)」を実戦配備したと伝えた。

 

中国電子商取引最大手、アリババ集団傘下にあるSCMPは、中国軍が数十年間、東南部沿岸部に配備していた短距離弾道ミサイル、東風11と東風15の代替として、東風17を実戦配備したと報じた。

 

東風17の最大射程は2500キロメートル。昨年10月1日、中国共産党政権樹立70周年の記念軍事パレードで初めて公開された。

 

出典はこちら

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る