海上自衛隊の部隊に関するピックアップニュース

 

はじめに

 

ここでは、海上自衛隊の部隊に関するピックアップニュースをご紹介します。

 

 

 

部隊

 
日付 要旨
令和2(2020)年

10月14日

海自の新型潜水艦が進水式 対中念頭、22隻体制に

海上自衛隊に令和4年3月就役予定の新型潜水艦の命名・進水式が14日、神戸市の三菱重工業神戸造船所で開かれ、艦名は大きな鯨を意味する「たいげい」と明らかになった。防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」では平成22年以降、中国の海洋進出を念頭に日本が保有する潜水艦を16隻から22隻に増強する目標を掲げてきた。たいげいが部隊に投入されると、22隻体制が実現することになる。

 

海自が現在運用している潜水艦は、2750トンの「おやしお」型と2950トンの「そうりゅう」型。たいげいは、この2種類に続く新たなタイプの潜水艦となる。

 

出典はこちら

令和2(2020)年

10月07日

防衛省が21年度に護衛艦「かが」を改修、最新ステルス戦闘機の運用を念頭

防衛省は2021年度に、海上自衛隊のヘリコプター護衛艦「かが」の改修に着手する。垂直離着陸ができる最新ステルス戦闘機「F−35B」の運用を念頭に飛行甲板へ耐熱塗装を施すとともに、艦首形状も三角形から四角形スタイルに改める。F−35Bを搭載可能にすることで、抗堪(こうたん)性と抑止力を高める。

 

F−35Bを運用する米海軍の強襲揚陸艦「エセックス」型などは飛行甲板に四角形を採用している。

 

今回の「かが」改修は、飛行甲板が主で格納庫改修は織り込まれておらず、改修後の離着陸訓練などで空母運用の道も探ると見られる。

 

出典はこちら

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る