旧宮家に関するピックアップニュース

 

はじめに

 

ここでは、旧宮家に関するピックアップニュースをご紹介します。

 

 

 

東久邇家に関するニュース

 
日付 要旨
令和元(2019)年

10月03日

安倍首相の旧皇族復帰プランで浮上、ベールに包まれた「東久邇宮家」に6人の男子

「現在、旧宮家の男系の血を引く子孫には、少なくとも10人の独身男子がいるとされます。内訳は、久邇家と竹田家に1人ずつ、賀陽家に2人、そして東久邇家の系統に6人というものです」(同)

 

なかでも東久邇家の存在が、にわかに脚光を浴びているという。

 

久邇宮家から分かれ、1906年に創設された東久邇宮家の初代当主は、終戦直後の“宮さま宰相”として知られた稔彦(なるひこ)王。夫人は明治天皇の9女にあたり、その長男・盛厚(もりひろ)氏も、昭和天皇の長女・成子(しげこ)さんとの間に3人の男子をもうけた。

 

「長男は昭和天皇の初孫で、上皇さまの甥にあたる信彦さん。慶大を出て三井銀行に勤務し、日本タイ協会常務理事などを務めた人で、今年3月20日に74歳で亡くなりました。その10日ほど前、家族から連絡を受け、上皇さまは美智子さまとご一緒に都内の信彦さん宅をお見舞いに訪ねられています。上皇さまがご成婚された頃、信彦さんはまだ中学生でしたが、当時から親しいお付き合いを続けていて、お見舞いを大変喜んでいました」(旧宮家関係者)

 

「参院の財政金融委員会で、国民民主党の大塚耕平議員が“東久邇宮さまの系譜に男子が随分いらっしゃるがご存じか”“血統的には天皇家に近いのか”などと出席した宮内庁幹部に質問したのです。答弁に立った安倍総理は、あらためて“男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みを踏まえ、(法的な工夫を)慎重に検討していきたい”と述べていました」(全国紙のデスク)

 

亡くなった当主の信彦氏には、大手生命保険会社に勤務する長男・征彦(まさひこ)氏(46)がおり、その家庭には男の子が2人いるという。

 

また信彦氏の弟の秀彦氏(70)は、親戚筋にあたる旧伯爵の壬生(みぶ)家に養子入りし、壬生基博と改名した。慶大を卒業後、日本航空に勤務。第一ホテル副社長などを経て、現在は皇室とも縁が深く、サーヤこと黒田清子さんが勤務していたことでも知られる山階鳥類研究所の理事長の任にある。“世俗まみれ”との論難を超越するやんごとなき職位にあるわけで、この基博氏の長男と次男の家庭にも、それぞれ10歳前後の男児がいる。さらに信彦氏の下の弟である眞彦(なおひこ)氏(66)は玉川大農学部を卒業後、伊藤ハムに入社。長男は住宅建材商社に勤め、やはり高校生の男の子が。さらにもう1人、眞彦氏の孫には男児がいるという。

 

皇室制度に詳しい所功・京都産業大学名誉教授は、

 

「皇室典範の規制を緩和するため、今や与野党の大多数が合意できる改革案を探る段階にあると思います。政府の考え方は『男系男子』を前提としているようですが、それよりは『男系男子を優先して男系女子も一代限りで容認する』という案が現実的だと思います」

 

とした上で、旧宮家の復帰については、

 

「古来皇室を離れた子孫の皇族復帰は、旧皇室典範の増補でも禁止されていました。したがって、本質的には好ましくありませんが、皇族減少の危機を克服するため、旧宮家の復帰も必要ならば、一般国民たる当家と当人の意向や資質などを具体的に確かめてほしいと思います」

 

出典はこちら

令和元(2019)年

03月20日

東久邇信彦氏が死去 昭和天皇の孫

東久邇 信彦氏(ひがしくに・のぶひこ=旧皇族、昭和天皇の孫)3月20日死去、74歳。告別式は3月27日午後2時から東京都文京区大塚5の39の1の豊島岡墓地参集所。喪主は妻、吉子さん。

 

出典はこちら

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る