日本の歴史

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本の歴史

 

はじめに

 

日本の歴史には、一つの流れがあります。

 

これがヨーロッパの歴史と中国の歴史との違いです。

 

それは、別のページにもあるように天皇が一貫して存在していたことによる要因といえます。

 

このページでは、日本の歴史をそれぞれの時代ごとに解説していますので、理解を深めてみて下さい。

 

原始

 

原始は、まだ土器がない旧石器時代から土器を使う縄文時代そして稲作が始まる弥生時代を取り上げています。

 

日本に旧石器時代があった!要点をわかりやすく解説しています!

 

日本には旧石器時代がないといわれている時代がありました。ここでは、旧石器時代の要点をご紹介していきます。

 

この記事を読む

 

縄文時代にはすでに文化がありました。要点をわかりやすく解説しています!

 

縄文時代は縄文式土器を使う文化があったことから、そのように呼ばれています。ここでは縄文時代についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

弥生時代に日本の伝統の基本が出来ました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます。

 

縄文時代と弥生時代の違いは、弥生式土器を使うことそして稲作が始まったことから時代の区分が変わります。ここでは弥生時代についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

伝承

 

伝承は、「古事記」、「日本書紀」などに記述がある内容を取り上げています。史料としては、古事記や日本書紀となるため歴史的事実としての史料や実在性については疑わしいものとなります。

 

神代

 

天地開闢から神倭伊波礼毘古命の誕生までをご紹介します。

 

この記事を読む

 

人代

 

神武天皇の東征から

 

この記事を読む

 

 

古代

 

古代は、日本の歴史の時代区分でいうと古墳時代から平安時代を指します。その時代区分に沿ってご紹介しています。

 

古墳時代に大王という統治者が出現しました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

 

古墳時代は、から大王という天皇の前身の統治者が現れます。ここでは、古墳時代の要点をご紹介していきます。

 

この記事を読む

 

飛鳥

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

奈良

 

近世は、江戸時代を指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

平安

 

近代は、明治時代から昭和の敗戦までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

中世

 

先例を尊ぶとは、危機などの対応に際して、歴史の中で何が正しく何をするべきなのかを探し求める姿勢であり、歴史を顧みず自身の経験に基づいて新しいことをやる姿勢を拒むのが、天皇であり、朝廷です。その先例そして新儀についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

鎌倉

 

古代は、古墳時代から平安時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

室町

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

戦国

 

近世は、江戸時代を指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

近世

 

先例を尊ぶとは、危機などの対応に際して、歴史の中で何が正しく何をするべきなのかを探し求める姿勢であり、歴史を顧みず自身の経験に基づいて新しいことをやる姿勢を拒むのが、天皇であり、朝廷です。その先例そして新儀についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

安土桃山

 

古代は、古墳時代から平安時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

江戸

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

幕末

 

近世は、江戸時代を指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

近現代

 

先例を尊ぶとは、危機などの対応に際して、歴史の中で何が正しく何をするべきなのかを探し求める姿勢であり、歴史を顧みず自身の経験に基づいて新しいことをやる姿勢を拒むのが、天皇であり、朝廷です。その先例そして新儀についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

明治

 

古代は、古墳時代から平安時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

大正

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

昭和

 

近世は、江戸時代を指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

戦後

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

平成

 

近世は、江戸時代を指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

 

資料

 

先例を尊ぶとは、危機などの対応に際して、歴史の中で何が正しく何をするべきなのかを探し求める姿勢であり、歴史を顧みず自身の経験に基づいて新しいことをやる姿勢を拒むのが、天皇であり、朝廷です。その先例そして新儀についてご紹介します。

 

この記事を読む

 

史料

 

古代は、古墳時代から平安時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

歴史年表

 

中世は、鎌倉時代から豊臣政権時代までを指していますが、その時代の先例となるものは何かをご紹介します。

 

この記事を読む

 

 

日本の歴史記事一覧

dummy
日本に旧石器時代があった!要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

日本には旧石器時代がないといわれている時代がありました。しかし、岩宿遺跡の関東ローム層から打製石器が発見されたことから日本に旧石器時代があったことがわかっています。ここでは、旧石器時代の要点をご紹介していきます。旧石器時代旧石器時代は、今から1万年前であり、その1万年前のさかいの前を更新世といい、さかいの後を完新世といいます。地球上では、寒冷な氷河期と温暖な間氷期を繰り返しており、日本列島の更新世...

Read More
dummy
縄文時代にはすでに文化がありました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

縄文時代は縄文式土器を使う文化があったことから、そのように呼ばれています。ここでは、縄文時代の要点をご紹介していきます。縄文時代縄文時代は、約1万年前頃の更新世末期から、氷河期が終わり、完新世になると地球の気候が温暖化して海面が上昇し、これによって現在の形に近い日本列島が形成されました。この時期にマンモスやナウマンゾウなどの大型動物が絶滅し、植物が広がるようになりました。縄文時代の生活この頃の人類...

Read More
dummy
弥生時代に日本の伝統の基本が出来ました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

縄文時代と弥生時代の違いは、弥生式土器を使うことそして稲作が始まったことから時代の区分が変わります。ここでは、弥生時代の要点をご紹介していきます。弥生時代弥生時代について弥生時代が縄文時代と異なる特徴として、金属器、弥生土器、農耕や水稲耕作があります。金属器は、青銅器と鉄を使ったもので、日本に伝来されました。青銅とは、銅と錫を合わせたもので、銅鐸、銅剣、銅矛などが発見されています。青銅器は、当初は...

Read More
dummy
古墳時代に大王という統治者が出現しました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

古墳時代は、様々な形の古墳が出現してきます。そしてこの時代から大王という天皇の前身の統治者が現れます。ここでは、古墳時代の要点をご紹介していきます。古墳時代古墳時代について3世紀後半になると、弥生時代にあった墳丘墓(ふんきゅうぼ)の形を変えたものや大規模な古墳が出現します。それは、前方後円墳、円墳、方墳などの古墳です。古墳時代は、古墳の種類や大きさによって区分をされています。前期は、古墳の内部に、...

Read More
dummy
史料

史料とは、歴史研究を行う上で、過去に存在した事象に対して筋道を立てる材料となるものです。ここでは、このサイトで扱っている史料をまとめています。神話混沌天地開闢修理固成の詔祓詞三貴子誕生天安河原ウシハクシラス天壌無窮の神勅宝鏡奉斎の神勅斎庭稲穂の神勅思金神は政伝承建国の詔皇位と神祇を分ける四道将軍箸墓伊勢神宮初代斎宮倭建命の歌播磨国風土記中川の里条摂津国風土記美奴売の松原条扶桑略記神功皇后摂政元年神...

Read More
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る