縄文時代にはすでに文化がありました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

縄文時代にはすでに文化がありました。要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

 

縄文時代は縄文式土器を使う文化があったことから、そのように呼ばれています。

 

ここでは、縄文時代の要点をご紹介していきます。

 

 

 

 

縄文時代

縄文時代は、約1万年前頃の更新世末期から、氷河期が終わり、完新世になると地球の気候が温暖化して海面が上昇し、これによって現在の形に近い日本列島が形成されました。

 

この時期にマンモスやナウマンゾウなどの大型動物が絶滅し、植物が広がるようになりました。

 

 

縄文時代の生活

この頃の人類は、石を打ち砕いて作られた石器に磨きかけてなめらかに仕上げた磨製石器が使われていました。
また土器や弓矢を使って生活をしていました。

 

磨製石器の種類として、

 

石鏃(せきぞく):矢の先端部として使用します。
石匙(いしさじ):動物の皮を剥ぐ際に使用します。
磨石(すりいし)と石皿(いしざら):栗やクルミなど固い木の実をつぶすために使用します。
石錘(せきすい):網の重りとして使用します。

 

縄文土器は、縄目模様、低温で焼いているため黒褐色、厚手だが脆いという特徴をもっています。
この縄文土器を使って、採取した食料の加工を行ったりしていました。また祭祀としても用いられていました。

 

弓矢は、鹿や猪などの小型で素早い動物を捉えるために使用しました。

 

その他、魚を獲るために、骨角器(こっかくき)という動物の骨や角で作った銛や釣針などを使用していました。

 

 

住居

縄文時代では、地面を円形や方形に堀り窪めてその中に柱を建て梁などをつなぎ合わせて家の骨格を作り、屋根をして茅葺き、樹皮葺き、土葺きの屋根にした建物として竪穴式住居で生活していました。
また数軒の竪穴式住居で集落を形成していました。

 

大規模な集落としては、青森県の三内丸山遺跡があります。

 

 

貝塚

1877年にアメリカ人の動物学者のエドワード・S・モースが東京で大森貝塚を発見しました。
それによって漁労が発達していたことがうかがえます。

 

 

交易

交易が盛んに行われていることが確認されており、石器の材料である黒曜石やサヌカイト(讃岐石)、ひすい(硬玉)が交易されていました。

 

 

文化

万物に霊魂が存在するという精霊信仰(アニミズム)がありました。
また主に女性をかたどった土偶や男性自身をかたどった石棒があります。

 

大人への通貨儀礼として歯を抜く、抜歯の風習があり、その歯を抜く痛みに耐えることで大人の仲間入りをすることが出来ました。

 

死者を埋葬するときに死体の手足をかがめて埋葬する屈葬を行っており、これは霊の復活を防ぐためと説明されることが多いです。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

この時代の年表は下記から確認して下さい。

 

縄文時代の年表

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る