古墳時代の特徴はどんなところなのか

 

三輪山

はじめに

 

古墳時代は、様々な形の古墳が出現しました。
ここでは、古墳時代の特徴をご紹介します。

 

 


 

古墳時代

 

古墳時代について

3世紀後半になると、弥生時代にあった墳丘墓(ふんきゅうぼ)の形を変えたものや大規模な古墳が出現します。
それは、前方後円墳、円墳、方墳などの古墳です。

 

古墳時代は、古墳の種類や大きさによって区分をされています。

 

前期は、古墳の内部に、竪穴式石室があり、石室には棺が納めれれています。
副葬品として銅鏡や銅剣などが納められており、また埴輪が置かれたり、銅鏡には、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)などがあります。

 

中期は、最大の古墳である大仙陵古墳が作られるようになります。
以前までは仁徳天皇陵として比定されていましたが、実際の被葬者が明らかでないことから、名称が変更されました。
宮内庁では、仁徳天皇朝陵とされています。
内部は竪穴式石室で、副葬品として武具や馬具が中心です。

 

後期になると、中期と比べてそこまで大きい古墳が作られなくなりました。
古墳の内部は、横穴式石室となります。

 

土器なども副葬され、須恵器(すえき)や土師器(はじき)という土器が納められました。
須恵器は、5世紀に朝鮮半島から伝わった土器で灰色で固いものです。
土師器は、弥生土器の系統をひいた土器で赤色のものです。

 

大和政権

巨大な古墳が奈良県の大和に多くあることから、この一帯の豪族を中心とした強大な政権があったと考えられています。
大和政権は、飛鳥時代の中央集権組織となる大和朝廷の前身ともいえます。

 

そして大和政権の王を大王(おおきみ)といいます。
ただこの時期では、有力な豪族の1つではないかといわれています。

 

ワカタケル大王

大王の中でも実在性が確認出来る人物がいます。
ワカタケル大王、つまり雄略天皇です。

 

このワカタケル大王は、稲荷山古墳出土鉄剣銘江田船山古墳出土銀錯銘大刀で実在性が確認出来ます。

 

稲荷山古墳出土鉄剣銘は、埼玉県の稲荷山古墳から出土したもので、そこにワカタケル大王の名が刻まれています。
ここには、この地方の王は、ワカタケル大王に仕えていたことが記されています。

 

江田船山古墳出土銀錯銘大刀は、熊本県の江田船山古墳から出土したものです。
ここには、ワカタケル大王の統治する領域が関東から九州までの範囲に及んでいることが記されています。

 

考古学的見地としては、埼玉県の稲荷山古墳出土鉄剣銘や熊本県の船山古墳大刀銘が471年時のものとして、5世紀後半の大和政権の支配権は九州から関東にまで及んでいた可能性が想定されます。

 

氏姓制度

豪族は、血縁を元にした氏(うじ)の集団で、それぞれの職制が姓(かばね)によって決まっています。

 

姓とは、この時代の政治の地位の称号で、臣(おみ)や連(むらじ)などです。
氏とは、血縁を元にした集団で、氏の代表者を氏上(うじのかみ)といいます。

 

有力な豪族の氏としては、蘇我氏、平郡氏、物部氏、大伴氏などです。
蘇我氏や平郡氏は、皇族や日本書紀に出てくる武内宿禰の子孫であり、臣姓が与えられています。

 

物部氏や大伴氏は、軍事を司る氏族で、連姓が与えられています。

 

有力な氏族は、大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)といい、上の4氏族はそれぞれ大臣、大連の姓となります。

 

その他としては、伴造(とものみやつこ)の姓があり、これは手工業などに携わる豪族です。

 

大夫達による合議体

大夫(まえつぎみ)とは、臣や連の姓をもつ人を指します。

 

その大夫達を集めて国政に関する職務を分掌し、合議体を形成しています。
合議内容の例をいえば、大王の皇位継承者を誰にするかを議論したりします。

 

つまり有力氏族達の合議によって、次の大王が決まるということです。
これは、のちの太政官合議制に繋がる特徴といえます。

 

外国との関係

 

中国では、後漢王朝が滅亡し、魏、呉、蜀の三国時代そして晋という国になり、それが南北に分裂しました。
その後、北朝として北魏、南朝として宋という国が争うことになります。

 

その宋の歴史書の宋書倭国伝では、倭の5人の大王がそれぞれ使者を送ってきたことが書かれています。

 

その5人の大王が宋書では、讃(さん)、珍(ちん)、済(せい)、興(こう)、武(ぶ)という名前で登場します。
これを倭の五王といいます。

 

讃は、応神天皇あるいは履中天皇
珍は、反正天皇
済は、允恭天皇
興は、安康天皇
武は、雄略天皇

 

とそれぞれ比定されています。

 

朝鮮半島

朝鮮半島は、4世紀頃に北部に高句麗(こうくり)、南東部に新羅(しらぎ)、南西部に百済(くだら)と南部にその他の小国がある任那(みまな)がありました。
任那は伽耶(かや)ともいいます。

 

日本は、百済や任那に協力して、朝鮮半島に関わっていました。
そして日本は百済と連合し、新羅や高句麗と戦っていました。

 

広開土王の碑文によると、倭と高句麗が戦争し、高句麗に敗れたことが残されています。

 

古墳時代の年表

この記事で学べること

 

記事のまとめ

いかがだったでしょうか。

 

考えてほしいこと

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

 

この記事のおすすめ本

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る