日本に旧石器時代があった!要点に絞ってわかりやすく解説していきます!

 

日本には旧石器時代がないといわれている時代がありました。

 

しかし、岩宿遺跡の関東ローム層から打製石器が発見されたことから日本に旧石器時代があったことがわかっています。

 

ここでは、旧石器時代の要点をご紹介しています。

 

 

 

 

旧石器時代

旧石器時代は、今から1万年前であり、その1万年前のさかいの前を更新世といい、さかいの後を完新世といいます。
地球上では、寒冷な氷河期と温暖な間氷期を繰り返しており、日本列島の更新世期では、氷河期でした。
また日本列島とユーラシア大陸は陸続きであったため、マンモス、オオツノジカやナウマンゾウが確認されています。

 

マンモスは、北海道で化石が発見されています。
ナウマンゾウは、1948年に長野県野尻湖で発見され、その後オオツノジカの化石も発掘がされています。

 

 

人類の進化

人類が地球上に出現し、長い年月を経て進化を遂げました。
その順番は、

 

猿人(えんじん) → 原人(げんじん) → 旧人(きゅうじん) → 新人(しんじん)

 

です。

 

猿人は、最初の人類であり、約600万年前のアフリカに出現しました。
猿人は、直立二足歩行で、打製石器を用いるものもいました。
代表的なものとして、アウストラロピテクスやホモ・ハビリスです。

 

原人は、約180万年前に出現しました。
原人は、言語を用いて狩猟や採集での生活を営んでいたり、火を使っていたことが判明されています。
直立猿人(ホモ・エレクトス)がジャワと北京で発見され、それぞれジャワ原人と北京原人と呼ばれています。

 

旧人は、約20万年前に出現しました。
旧人は、現生人類と変わらない脳を持ち、死者の埋葬の際に花を供えたことが分かっており、精神文化において優れていたとされています。
旧人(ホモ・サピエンス)の代表としてドイツで発見されたネアンデルタール人がいます。

 

新人は、約20万年前に出現した現生人類の祖先です。
新人は、旧人とともに生きており、フランスのラスコーやスペインのアルタミラに見られる洞窟壁画は新人が残したものです。
新人(ホモ・サピエンス・サピエンス)の代表として南フランスで発見されたクロマニヨン人がいます。

 

日本で発見された化石人骨は、すべて新人で、沖縄県の港川人と山下人、静岡県の浜北人です。

 

 

旧石器時代の生活

この頃の人類は、石を打ち砕いて作られた打製石器が使われていました。
その打製石器を用いて、狩猟や採取を行って食料を獲得していました。

 

日本では、1946年に相沢忠洋が群馬県にある岩宿遺跡の関東ローム層から黒曜石の打製石器を発見しました。
これを契機として様々な打製石器が発見されています。

 

打製石器の種類として、
石斧(せきふ):切ったり、土を掘ったりします。
ナイフ形石器:切ったり、削ったりします。
尖頭器(せんとうき):槍の先端に付けます。
細石器(さいせっき):木や骨の先端に嵌めこみます。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

昭和12年学会
ページの先頭へ戻る