日本にもあった旧石器時代、どのような生活をしていたのか

 

相沢忠洋

はじめに

 

日本には旧石器時代がないと言われている時代がありました。
しかし、岩宿遺跡の関東ローム層から打製石器が発見されたことから日本に旧石器時代があったことがわかっています。

 

ここでは、旧石器時代の生活についてご紹介します。

 

 


 

旧石器時代

 

旧石器時代は、今から1万年前であり、その1万年前の境の前を更新世といい、境の後を完新世といいます。
地球上では、寒冷な氷河期と温暖な間氷期を繰り返しており、日本列島の更新世期では、氷河期でした。

 

また日本列島とユーラシア大陸は陸続きであったため、マンモス、オオツノジカやナウマンゾウが確認されています。

 

そのマンモスは、北海道で化石が発見されており、またナウマンゾウは、昭和23(1948)年に長野県野尻湖で発見され、その後オオツノジカの化石も発掘されました。

 

この時代の日本で発見された化石人骨は、すべて新人、つまりホモ・サピエンスでした。
沖縄県の港川人と山下人、静岡県の浜北人が該当します。

 

旧石器時代の生活

 

この頃の人類は、石を打ち砕いて作られた打製石器を使っています。
その打製石器を用いて、狩猟や採取を行って食料を獲得していました。

 

日本では、昭和21(1946)年に相沢忠洋が群馬県にある岩宿遺跡の関東ローム層から黒曜石の打製石器を発見しました。
これを契機として様々な打製石器が発見されています。

 

打製石器の種類として、
石斧(せきふ):切ったり、土を掘ったりします。
ナイフ形石器:切ったり、削ったりします。
尖頭器(せんとうき):槍の先端に付けます。
細石器(さいせっき):木や骨の先端に嵌めこみます。
があります。

 

旧石器時代年表

 
紀元前約250万年〜

紀元前約14000年

岩宿遺跡、1946年に相沢忠弘が発見
 

この記事で学べること

 

記事のまとめ

いかがだったでしょうか。

 

相沢忠洋が発見した岩宿遺跡によって日本には旧石器時代があったことが発見されました。

 

この時代に今の日本はなく「日本という地域」があって、そこで生活が営まれていたことがわかります。

 

考えてほしいこと

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

自分が関心をもったもので自分にとってすごい発見と思ったものは何ですか?

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る