二柱の神によって国産みや神産みがなされた、こうして日本は誕生する

 

国産み

はじめに

 

日本の国産み神話によって日本列島が誕生します。
そしてさらに多くの神々が誕生しました。

 

ここでは、伊邪那岐神と伊邪那美神によって誕生する国産みと神産みについてご紹介します。

 


 

国産みと神産み

 

修理固成

伊邪那岐神と伊邪那美神は、神世七代の最後の神です。

 

伊邪那岐は、「いざなう男」、伊邪那美は、「いざなう女」という意味であり、また「キ」は男性、「ミ」は女性を意味しています。

 

そして別天津神から、漂っている大地を完成させるように命じられます。

 

 ここに天(あま)つ神、諸(もろもろ)の命(みこと)もちて、伊邪那岐命、伊邪那美命二柱神(ふたはしらのかみ)に、『この漂える国を修め理(つく)り固(かた)め成せ。』と詔(の)りて、天の沼矛(あめのぬぼこ)を賜(たま)いて、言依(ことよ)さしたまいき。

 

これを修理固成の詔といいます。

 

別天津神から天沼矛を与えられ、二柱の神は、天浮橋(あめのうきはし)に立って、漂っている大地をかき混ぜます。
そしてその矛から滴り落ちたものが積もって、淤能碁呂島(おのごろじま)となりました。

 

伊邪那岐神と伊邪那美神の結婚と国産み

伊邪那岐と伊邪那美は、淤能碁呂島に降り、ここで結婚します。

 

そして淤能碁呂島に天の御柱(みはしら)と八尋殿(やひろどの)という広大な殿舎を建てました。
そこで二柱の神は、男女として交わります。

 

交わる際に伊邪那美から伊邪那岐に声をかけます。

 

そこで生まれたのが、
水蛭子(ひるこ)
淡島(あわしま)
です。

 

先に女性である伊邪那美から誘ったことが正しい交わりでなかったとして、未熟児が産まれました。

 

そのため次に男性である伊邪那岐から誘います。
そして、多くの神々が誕生しました。

 

まずは日本列島を構成する島々が誕生します。
・淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけのしま):淡路島

 

・伊予之二名島(いよのふたなのしま):四国
 胴体が1つで、顔が4つある神です。
 愛比売(えひめ):伊予国
 飯依比古(いいよりひこ):讃岐国
 大宜都比売(おおげつひめ):阿波国
 建依別(たけよりわけ):土佐国

 

・隠伎之三子島(おきのみつごのしま):隠岐島
 別名は、天之忍許呂別(あめのおしころわけ)

 

・筑紫島(つくしのしま):九州
 胴体が1つで、顔が4つある神です。
 白日別(しらひわけ):筑紫国
 豊日別(とよひわけ):豊国
 建日向日豊久士比泥別(たけひむかいとよくじひねわけ):肥国
 建日別(たけひわけ):熊曽国

 

・伊伎島(いきのしま):壱岐島
 別名は、天比登都柱(あめのひとつばしら)

 

・津島(つしま):対馬
 別名は、天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)

 

・佐度島(さどのしま):佐渡島

 

・大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま):本州
 別名は、天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)

 

この8つの島が誕生します。
これをもって、日本を大八島国(おおやしまのくに)といいます。

 

続いて6つの島を産みます。
・吉備児島(きびのこじま):児島半島
 別名は、建日方別(たけひかたわけ)

 

・小豆島(あずきじま):小豆島
 別名は、大野手比売(おおぬてひめ)

 

・大島(おおしま):屋代島(周防大島)
 別名は、大多麻流別(おおたまるわけ)

 

・女島(ひめじま):姫島
 別名は、天一根(あめのひとつね)

 

・知訶島(ちかのしま):五島列島
 別名は、天之忍男(あめのおしお)

 

・両児島(ふたごのしま):男女群島
 別名は、天両屋(あめのふたや)

 

ここまでが国産みです。

 

神産み

日本列島を構成する島々である大八島が誕生すると、多くの神々を産みます。

 

続いて
住居に関する神々
海や河など水に関する神々
風や木などの自然や大地に関する神々
そして、船や食べ物などの生産に関する神々
を産みました。

 

日本の神々はいわば概念を表していたり、直接その物や場所に神が宿っているという観念です。
つまり、住居に関する神であれば、建物の材料や構造などが概念としてあるいは神が宿っているということです。

 

そして多くの神々を産んだあと最後に火の神である加具土命が誕生します。

 

伊邪那美の死

伊邪那美は、火の神である加具土命を産んだことによって陰部に火傷を負ってしまいます。
その火傷が原因で、伊邪那美は命を落としてしまいました。

 

伊邪那岐は妻の伊邪那美の亡骸を比婆(ひば)山に葬ります。
そして妻の死の悲しみは収まらず、十拳剣(とつかのつるぎ)で加具土命の首をはねました。

 

すると加具土命の血液から八柱の神、遺体から九柱の神が誕生します。

 

加具土命は火を象徴する神で、火を制御することによって多くの物を生み出すことが出来ますが、使い方を間違えれば人の命を奪うことにもなります。
それを表した内容といえます。

 

黄泉の国への旅立ち

 

黄泉の国

伊邪那岐は、伊邪那美を連れ戻すために死後の世界である黄泉の国に向かいました。

 

黄泉の国に着くと伊邪那岐は、伊邪那美に一緒に帰ろうと促しますが、すでに黄泉国の食べ物を食べてしまったため、現世に戻ることは出来ないと言います。

 

そこへ伊邪那美は黄泉国の神に相談することを伝え、またその間に自分の姿を見ないように言い残しました。

 

しかしいくら経っても中々戻ってこないため、伊邪那岐は火を灯して中を覗き込んでしまいます。

 

そこには、伊邪那美の体が腐ってウジ虫がたかり、蛇の姿をした八柱の雷神がまとわりついている状態でした。
それを見た伊邪那岐は驚き、伊邪那美は醜い姿を見られたことを恥じてて、黄泉醜女(よもつしこめ)に追いかけさせます。

 

伊邪那岐は、黄泉国と現実の世界の境にある黄泉比良坂(よもつひらさか)まで必死に逃げます。
そこで大きな岩を黄泉国の入り口を塞ぎ、岩を挟んで伊邪那岐と伊邪那美は言葉を交わします。

 

伊邪那岐は、伊邪那美に別れの言葉を発します。

 

伊邪那美は、「私はこれから毎日、あなたの国の人々を1日に千人絞め殺す」と言います。
これに対して伊邪那岐は、「それなら私は人が滅びないように、1日に千五百人の産屋を建てよう」と言いました。

 

これによって、現世では人に寿命が定められることになります。

 

ちなみに伊邪那岐と伊邪那美は、始めて結婚する神々であるのと同時に始めて離婚をした意味もあります。

 

ビッグヒストリーから見る地球史

 

ビッグヒストリーとは

ビッグヒストリーとは、歴史学、地質学、生物学、宇宙論など多方面の学問を結集して、宇宙の誕生から現在までの巨視的スケールで見るアプローチの仕方です。
オーストラリアの歴史学者デヴィッド・クリスチャンが提唱しました。

 

これによって、様々に専門化された学問のそれぞれの視点ではなく、大きな視点で見ることが出来ます。

 

ビッグヒストリーは4つの領域の組み合わによるものです。
それは宇宙、地球、生命、人間です。

 

そしてビッグヒストリーには、全体を意識する上で1つの大切な要素があります。
それは、次々により複雑なものが出現しているということです。

 

しかもそれは「たまたまちょうど良い条件」によって起きています。

 

複雑になることで多様な要素を生むことになり、それが「たまたまちょうど良い条件」によってさらに複雑化していきます。

 

プレートテクトニクスで見る地球史

プレートテクトニクスとは、地球の表面にあるプレートが互いに動くことで、大陸移動が引き起こされるというものです。

 

主なプレートは、
ユーラシア大陸主要部や西日本などを含むユーラシアプレート
北アメリカ大陸やグリーンランド、東日本などの北アメリカプレート
太平洋の大部分を占める太平洋プレート
インドとオーストラリア大陸のインド・オーストラリアプレート
アフリカ大陸を中心とするアフリカプレート
南アメリカ大陸の南アメリカプレート
南極大陸と周辺海域を含む南極プレート
などがあります。

 

プレート境界

地球の表面の変形は、プレート境界で発生します。

 

プレート境界には3種類あります。

 

1つ目は、トランスフォーム型境界です。
 あるプレートが別のプレートに対して水平にスライドする。
 例:カリフォルニア州にあるサンアンドレアス断層は、太平洋プレートと北アメリカプレートの境界で、太平洋プレートが北アメリカプレートに対して動いています。

 

2つ目は、発散型境界です。
 2つあるプレートが離れていき、大半は深海にありますが、陸上にも存在しています。
 例:アイスランドは、境界にあたる割れ目があってプレートを拡張する活動が行われています。つまりアイスランドはゆっくりと広がっています。
こうして海洋地殻が形成されます。

 

3つ目は、収束型境界です。
 発散型境界によって新しく海洋地殻が形成されています。
 しかし、古い海洋地殻が地球内部の沈み込み、地殻下のマントルに戻っています。
 例:アンデス山脈やアルプス山脈、ヒマラヤ山脈などです。
2つの大陸の間の海洋地殻が沈み込むことで大陸同士がぶつかります。
そして大陸地殻は浮きやすいため、2つの大陸のぶつかった端同士が大きく変形し、山脈が形成されます。

 

ダーウィンの進化論

19世紀にチャールズ・ダーウィンというイギリスの自然科学者がいました。

 

ダーウィンは、生物の進化が自然選択によって引き起こされていると考えました。

 

ダーウィンが著した「種の起源」に生物の多様性について論理的に説明します。
自然界では、すべての生命が生き延びることは出来ません。

 

生物は子孫を残すことが出来なければ絶滅してしまいます。
これを自然選択といいます。

 

現在地球上に存在している生物は、環境に適応出来た結果、生き抜くことが出来ました。

 

ダーウィンの有名な名言があります。

 

 最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
 唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

 

この生物の生存競争の果てに様々な生物は進化し、ヒトも進化しました。

 

地球の年表

 

45億年前 地球の誕生
41億年前 生命の誕生
600万年前 ヒト族とチンパンジーの最後の共通の祖先
370万年前 アフリカで初期の人類であるアウストラロピテクス(猿人)が誕生

道具を使用

200万年前 異なる人類種が進化し、ホモ・ハビリス(原人)が誕生
50万年前 人類種が進化し、ホモ・ネアンデルターレンシス(旧人)が誕生
20万年前 アフリカにて人類種が進化し、ホモ・サピエンス(新人)が誕生

現生人類の共通女系祖先ミトコンドリア・イヴの誕生
現生人類の共通男系祖先Y染色体・アダムの誕生

7万年前 ホモ・サピエンスがアフリカ大陸の外へと拡がる
3万年前 ホモ・ネアンデルターレンシスが絶滅する
 

この記事で学べること

 

記事のまとめ

いかがだったでしょうか。

 

伊邪那岐と伊邪那美によって日本列島が誕生し、様々な神々が誕生しました。

 

また死の概念も誕生します。
死後の世界である黄泉の国が存在し、一度死んでしまえば蘇る(黄泉帰る)ことは出来ません。

 

そして伊邪那岐が伊邪那美に対して別れの言葉を告げることで人に寿命が定められ、生と死の概念を区別することになりました。

 

ビッグヒストリーの地球史の視点で見るとプレートの移動によって大陸移動が引き起こされたことで、大陸や山脈などが形成されます。
そして生命が誕生しヒトが誕生しました。

 

考えてほしいこと

この記事から考えてほしいことを質問します。

 

あなたが死を迎えることになって墓碑銘を刻むことになる場合、あなたはどのような墓碑銘を刻みますか?

 
この記事はお役に立ちましたでしょうか。 この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。     このエントリーをはてなブックマークに追加  
昭和12年学会
ページの先頭へ戻る