厩戸豊聡耳皇子

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

厩戸豊聡耳皇子

口語訳

夏四月庚午朔巳卯、厩戸豊聡耳皇子を立てて皇太子(ひつぎのみこ)と為す。仍て摂政を録し、万機を以て悉(ことごと)く委ねたまう。

 

出典:黒板勝美編『日本書紀:訓読.下巻』(岩波書店、一九三二) P89

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る