播磨国風土記中川の里条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

播磨国風土記中川の里条

口語訳

播磨国風土記 中川の里条 時に大中子(おおなかつこ)、苫(とま)もて屋(いえ)を作りしかば、天皇(すめらみこと)勅り給いしく、「こは国の富なり」と宣り給いて、やがて姓(かばね)を賜いて苫編首(とまあみのおびと)と為し給いき。

 

出典:武田祐吉編『風土記』(岩波書店、一九三七) P206

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る