摂津国風土記美奴売の松原条

    このエントリーをはてなブックマークに追加  

摂津国風土記美奴売の松原条

口語訳

摂津国風土記 美奴売(みぬめ)の松原条 昔、息長帯比売(おきながたらしひめ)の天皇、筑紫の国に幸(みゆき)し給いし時、諸(もろもろ)の神祇(かみ)を、川邊(かわのえ)の郡の内の神前(かむさき)の松原に集(つど)えて、禮福(さきわい)を求(ま)ぎ給いき。

 

出典:武田祐吉編『風土記』(岩波書店、一九三七) P206

この記事はお役に立ちましたでしょうか。
この記事が誰かの役に立ちそうだと感じて頂けましたら、下のボタンから共有をお願い致します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加  


ページの先頭へ戻る